【うつでお悩みの方へ】死にたい感情が生まれた場合、どうすればいい?

      2016/06/22

Pocket

itirin

うつを患ってしまったということは、

もしかしたらあなたは今まで”偽りの自分”を演じ続けていたのかもしれません。

本当のあなたは優しい心の持ち主のはず。

だから、

  • 人を不快にさせたくない
  • 人に気を使いすぎるから自分を責めてしまう
  • 人に迷惑をかけたくない
  • 人の意見を尊重したいから自分の意見を抑えて我慢してしまう

良い意味でも悪い意味でも、人を想う気持ちや行動が偽りの自分を作ってしまって、心が限界に達してしまったのではないでしょうか。

優しさは、違う方向に向いてしまうと、心が壊れます。

ガラスのように繊細な心は、あなた自身が守ってあげなくてはなりません。

心が弱っている状態の今、心が望んでいないのだから、身体は言うこと聞きません。

  • 無気力
  • 脱力感
  • 焦燥感
  • 絶望感

心と身体が一緒の方向に向いていないから、こんなワードが当てはまってくるのもしょうがない。

これらが長期的に続いてしまうと、死にたい感情が生まれたり、この世から消えてしまいたいと思ってしまいます。

もしかしたら、今の状態が本当のあなたであって、今が、偽りの自分を捨てて本当のあなたに戻すタイミングなのかもしれません。


本当に消したい自分は”偽りの自分”なのではないのでしょうか。

人は、日常生活を送る中で、本当の自分が出せる居場所や空間が必要です。

偽りの自分を演じ続ける時間が長ければ長いほど、心はそれを望んでいないので水が溢れかえります。

本当に大切なのは、本当の自分なのではないでしょうか。

もしかしたら、本当の自分の方が、社会に、人に必要とされるのかもしれません。

自分を大切することができるから、あなたの心が望む、身体が望む優しさを人に提供することができます。

はっきり相手に伝わるから、偽りの笑顔ではなくて、微笑みや和みが生まれます。

偽りの自分の殻を脱いで、本当の自分と向き合ってください。

心は繊細です。だから、大切に、愛してあげてください。

偽りの自分を捨てて、心を癒してあげて、心と身体を同化してあげることが、今のあなたにとって一番の療養なのだと思います。

そうすると、移り変わる心の動きはやがて緩やかになって、それと同時に死にたい感情は薄れてくるはずですから。

人でなくてもいい。偽りの自分に来るものより、本当の自分に来るものの方が愛おしく思えるはず。

死にたい感情や消えたい感情。そして孤独感は”偽りの自分を演じていた自分”にあるのだと思います。

優しいあなたが必要とされないことなんて、ありえないのですから。

 

 - うつの悩み, 孤独な悩み, 死にたい悩み