【価値観の違い】今、離婚を考えてしまっている方へ。

      2016/06/22

Pocket

red

厚生労働省が発表しているデータによると、離婚率は昭和から平成に移り変わるに連れて上昇の一途を辿っています。

日本人の3組に1組が離婚をしているとメディアに報じられている通り、今離婚は昔よりも珍しいことではないのかもしれません。

お金の問題。性の問題。DV等のハラスメントの問題。

離婚を起因させる問題はあらゆる所にあります。

お金・性・ハラスメントが起因する問題は、生活を窮地に追い込んだり、場合によっては犯罪に繋がるケースもありますので自分の身を守ることを考えた方が良いでしょう。

特にDVは身の危険を及ぼすケースが高いですので、その場合はすぐに周囲や然るべき機関に打ち明けることをお勧めします。

生活を破たんに追い込むような行為を、相手がしてしまっているのであれば、独りで抱え込まないですぐに周囲に相談するようにしましょう。


今、価値観の違いで離婚を考えてしまっている方が非常に多いです。

価値観の違いが起因する離婚の悩みは身の危険や生活を窮地に追い込まれるようなリスクは低いですが、心に相当のダメージを負うのではないのでしょうか。

これが原因で、本来は一番居心地の良い場所でなくてはならないお家が窮屈で苦痛な場所になってしまい、顔を合わせたくない理由からお家に帰りたくないという感情も芽生える場合もあります。

価値観の相違はこれほど重大で、多くの既婚者の方たちが悩まれているのも現状です。

これが原因で離婚をしてしまう夫婦もいます。

結果それでお互いの関係が修復されたり、互いのこれからの人生がより良いものに好転していくこともありますが、やっぱりその過程に至るまでには十分な話し合いが必要です。

価値観の違いは、時間が解決する場合もあります。

しっかりと話し合いを積み重ねて、お互いが歩み寄ることで、理解し合うことで緩和されていく場合もあります。

だけども、絶対的に合わない場合もあります。

重要なことだから、我慢をし続けることは良くありません。

特に結婚間もない時期は価値観の相違があらゆる所で発生します。

これをお互いに放置し続けてしまうと距離は離れるばかりです。どちらかが我慢することでそれは、一旦解決されたかのように見えますが、我慢する側に蓄積されていく負担は想像以上に大きく、いつか必ず爆発することでしょう。

だから、我慢をし続けてしまうことはお互いにとって良くありません。

夫婦なのだから、話し合いや、お互いに言いたいことをぶつけ合う喧嘩も大切なのです。

今、価値観の違いで離婚を考えてしまっているすべての方へ。

思いは伝えないと伝わりません。

伝えることで調和する場合もあります。互いの持つ価値観は大切だから尊重し合うことも必要です。

ただ、一方的な価値観の押し付けは良くありません。

押し付けられる側は想像以上に心に負荷が掛かります。

あなたがもし、我慢をし続けているのであれば、ちゃんとありのままの思いを相手に伝えるべきだと思います。

話し合いや喧嘩の積み重ねが互いの価値観を調和させることもあります。

ちゃんと話し合って二人が納得できる結果を出せて、お互いがその方向に向き始めるのであれば、それはお互いにとって良い選択だったのだと思います。

たとえ、話し合いの結果、二人が出した決断が離婚であったとしても。

価値観の違いは重要で、これからの夫婦生活にとって、それを調和させていくことは大切なことです。

まだ、夫婦なんだから、パートナーなんだから、我慢はやめて伝えたいことはちゃんと伝えていくことが大切だと思います。

今、100の価値観の相違が互いにあったとしても、50の理解が互いに得られれば、状況は変わっていくはずなのですから。

 

 - 家庭の悩み