【就活・転職】書類選考が通らない。面接に受からない、内定が貰えないで悩み中の方に伝えたいこと。わかってもらいたいこと。

      2016/06/22

Pocket

ajisai

就活・転職活動は辛い。

文字ばかりのプロファイルで選考という名のふるいにかけられ、たった数回の面談で入社の可否が決まる。決まらないから企業にすがりつく気持ちになってしまう。

そして、いつの間にか自分を見失ってしまう。

それの繰り返し。

長引けば長引くほど強烈に襲い掛かる焦燥感と喪失感。

本当は働いて、収入をもらって、社会貢献していくことが目的なのに、いつの日か内定を貰うことが目的になってしまうことも。

就活・転職活動は葛藤の繰り返し。

自問自答を繰り返し、自分を責めたり、マイナス思考になったり。

世の中が不景気になって、それに伴って少しずつ働き方が変わって、社会の考え方も変わって。

今は働く側にとってはいい環境とは言えないのも事実。

就活うつや就活自殺という言葉がある通り、あまりにも自分を追い詰めてしまうと心が極限状態に達してしまうことも少なくはありません。

これらに対して「甘え」や「弱さ」と片付ける人もいますがそれは違います。

一つ言えることは、これらに無駄なことは一つもありません。

簡単に決まっちゃう人よりも、あなたは、あなたのことを以前よりも理解しているはず。

自分を理解してあげるということは今後の人生を生きていく上でものすごい大切なことです。

自分を理解すればするほど、自分の欠点が見えてくる。

自分を理解すればするほど、自分の長所も見えてくる。

だから、就活・転職活動が長期化した際には一旦立ち止まって本当の自分を見つめなおしてみましょう。


就活・転職活動はプライドを捨てることも大事

内定を貰いたいから企業によく見られたい。

本当は自分はそんな人間じゃないのによく思われたいから嘘をついてしまう。

周りにも知られたくないから、嘘をついてしまう。

生きていく上で、信念は大事だけどプライドは捨ててしまった方がいい。

プライドの数だけ自分に嘘をつく。だから本当の自分を見失ってしまう。

周囲や企業の反応を気にするよりも自分らしさで勝負した方がよっぽどいい。

企業の規模やネームバリューで優越感を得ても、そこに自分が心が向いていなければ空しいだけ。

社会は人がつくるもの。人間味がある方がいいに決まっている。

内定を貰って会社に入った後もミスマッチしにくい。

だから、プライドを捨てよう。社会に、みんなに愛されるために。

就活・転職活動のやり方に決まりはありません。自分流を見つけよう。

決まらなければ決まらないほど、自分と向き合う時間が多くなるはず。

良いことも悪いことも含めて自分を理解することは大切。

あなたがあなたのことをわかってあげないと、いつの間にか無理が生じてしまうから。

本当は、就活・転職活動にルールなんてないのではないでしょうか。

履歴書を必ず手書きで書かなければならないというルールもないし、職務経歴書をワードで作らなければならないなんてルールもない。極論を言ってしまえば必ずリクルートスーツで面接に行かなければいけないというルールもない。

就活・転職活動は自分に合った仕事を探すための活動。

だから、自分なりの活動方法で自分らしく行った方が良いに決まっている。

働きたい・社会貢献したい・生活したい意思を伝える表現方法は自由。

受け手が思う気持ちも様々。

自分なりの活動方法で、自分らしく、自分のペースで行った方が満足のいく結果が得られるはず。

結果(内定)までのプロセスに個人差があるのは当たりまえ

就活・転職活動に要する時間が個々に違うのは当たり前です。

働きたい意思があなたにある限り、働き先が見つからないなんてことはないはず。

結論を急いで早めに内定が決まった会社に入社した後にミスマッチを起こして辛い思いをするよりも、じっくりと活動に望んでミスマッチの少ない長く勤められる職場に出会えた方がよっぽどいい。

だから、自分らしく、自分のやり方で、自分のペースでやっていきませんか?

今の自分としっかり向き合えば、明るい未来は必ず来るはずだから。

 

 - しごとの悩み, 転職・就活