ブラック企業からブラック企業。抜け出せない負のスパイラルの流れを変える3つの考え方。

      2016/06/22

Pocket

kibou

世間一般にブラック企業と呼ばれる会社は、年々減少傾向にあると報道されておりますが、今も尚、多くの方がそれに苦悩しているのが現状です。

ブラック企業の定義は様々ですが、やっぱりそこに就労しているあなたが「自分の体質に合わないほどの劣悪な環境で、このままだと出社ができない状態になってしまう」と感じてしまえば、そこはあなたにとってのブラック企業なのだと思います。

本当のあなたの感情は、あなたの中にしかありませんから、自分自身がそう判断すればそこはブラック企業でしょう。

人それぞれ個性や価値観がありますから、周囲の意見には、自分が納得出来たり共感できることだけを受け入れていけば良いと思います。

あなたに強烈にのしかかる心の負担の一番の理解者はあなたなのですから。

身体も心も追い付かない会社で働き続けることは、不可能に近いことですので必然的に心が退職を求めるようになります。

無理をし続けると、いつかは心身が限界状態となり、最悪の場合働くことが厳しい状態になってしまうので危険です。

しかし、やっとブラック企業からの退職ができたのに、次は自分に合った会社を見つけようと思ったのに、またブラック企業に入社してしまい、それの繰り返しで苦悩している人が多いのです。

いくら気を付けていても、入社してからでないと会社の本質を知ることができないのが現状で、だからブラック企業からブラック企業に渡り歩いてしまい、この問題は尽きません。

では、この抜け出せない負のスパイラルの流れを変えていく為にはどうしたら良いでしょうか。


 ブラック企業からブラック企業。抜け出せない負のスパイラルの流れを変える3つの考え方。

今までの価値観や転職方法を継続させると、繰り返してしまう可能性は高くなります。

会社選びはあなたの将来に繋がる非常に大切なことですので、繰り返さないように一旦立ち止まって軌道修正を試みる必要があると思います。

会社選びは以前よりも慎重にいきましょう。

会社選びの”軸”を見つめなおしてみましょう。

あなたの会社選びのポイントは何ですか。

個人的な見解ですが、入社のハードルが低ければ低いほどブラック企業に当たってしまう可能性が高い傾向にあると思います。

キャリアがなければ尚更です。

今まで転職活動にさんざん苦労していたのに、ある日突然面接中に内定をもらってしまったり、すんなり決まってしまった。というケースもよく聞く話です。

入社のハードルが低い会社は大量雇用、大量解雇を繰り返している可能性もありますので注意しましょう。

仕事に就くことがゴールではなく、そこで充実した社会生活を送っていくことが目的ですので内定先の会社に少しでも違和感を感じた際には十分な検討が必要です。

だれも、すぐ辞めることを前提に就職活動なんてしませんよね!

また、ブラック企業で悩まれている大半の方は「人間関係」で苦悩しています。ハラスメントが日常的に横行している会社で働き続けることは難しいと答える人が殆どです。

だから、いきなり高額な給与を目指したり、明らかに難しいスキルを簡単に掴めたりできるとPRしている会社は十分に検討していく必要があると考えます。

キャリアアップには段階があります。それなりの時間もかかります。

キャリアを積むと当然それは給与に反映されていきますが、短期間で高額な給与を手に入れるためにはキャリアステップ期間を大幅に凝縮する必要がありますから当然それだけ仕事が厳しくなります。

もう一度仕事と、自分と向き合ってみることも大切だと思います。

自分が選んでいる職業が本当に自分に合っているのか、見つめなおしてみましょう。

会社ごとに規則やルールが違います。だから社風が全く合わないというケースも多いですが、今自分が就いている職業事態に問題があるケースも多いです。

本当は、黙々と作業をやる方が自分に向いているのに、人と話をし続けるような営業職に就いてしまうと、自分の個性と真逆の方向に向いてしまいますので、当然心身に大きな負担がかかります。

会社や職業を選ぶ権利はあなたにあります。

だからもう一度自分に何ができるのか、自分のやりたい職業は何なのかを見つめなおすことが大切だと思います。

職業を変えることは簡単ではありません。それなりのスキルや資格が必要になるケースもあります。

ただ、キャリアを積めばブラック企業を渡り歩いてしまう可能性を低下させることもできますので長期的な目線で考えてみるのも良いでしょう。

今では、職業安定所(ハローワーク)でお金を貰いながらスキルを身に着けることができる制度もありますので、活用を検討してみるのもいかがでしょうか。

今まで全く別の職業に就いていた人が、キャリアチェンジを目的に職業安定所が提供している制度を利用して、新たなスキルを身に着け新たな職能で転職を成功させている人たちも多く存在します。

自分を見つめなおして適性を見抜いてあげることも、これから安定した社会生活を手に入れるために非常に重要なことだと考えます。

一旦立ち止まって一人で転職活動を行うのをやめてみましょう。

転職活動は孤独です。一人で全て完結させるのは大変ですし、相当の労力を費やします。だから、自分を見失いがちです。

現在では、相談から転職活動までを協力・支援してくれる機関や会社がたくさん存在しますので、それらを活用してみるのも有効的だと考えます。

無料で利用できるサービスが殆どですので気軽に活用することができますよね!

第三者からの客観的な意見や見解、そして協力を仰ぐことによって転職活動を円滑に進めることができ、ブラック企業に入社するリスクを低下させると考えます。

企業に直接言えないことも、代わりにエージェントが対応してくれる場合もあります。

ただ、支援や協力を求める場合にも対応してもらうのは人になりますから合う合わないが生じます。

いくつかの相談機関や会社を訪ねてみて、自分にあった担当者に巡り合えるよう働きかけるのも大切です。

 

以上、リズムオンラインがおすすめする「ブラック企業からブラック企業。抜け出せない負のスパイラルの流れを変える3つの考え方」でした。

参考になりましたら是非お試しください!

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活