これってパワハラ?どこからがパワハラ?パワハラの定義は?1つだけ言える確かなこと。

      2016/06/22

Pocket

major

職場のパワハラは大きな社会問題です。

権力や権限、立場を悪用してスタッフに不当な圧迫を掛ける行為は許されることではありません。

パワハラの事案は数多くあります。そして、今も、この瞬間もパワハラに苦しめられている人たちがたくさんいます。

パワハラを問題視している公共機関も多いし、それを受け入れてくれる機関も、一緒に戦ってくれる機関もたくさん存在します。

パワハラはそれだけ問題視されているのです。

インターネットで調べてみても、パワハラの定義や境界線、事例、そして解決に向けて協力してくれる機関はすぐに見つかります。

今回は、敢えてそれらを省略してパワハラについて考えてみようと思います。


あなたが、職場や当事者に”恐怖”を抱いているのでしたらそれは、パワハラである可能性が高いです。

パワハラは、一方通行で襲ってきます。

どんな形であっても、あなたはされるがままに一方的に圧迫されることでしょう。

考えてみてください。

一般的に、職場に”恐怖感”を抱きますか?

パワハラには様々な事例がありますが、いずれも共通して恐怖を伴います。

それは身体に、心に、色々な形で訪れてくるでしょう。

今あなたが、職場や当事者に対して恐怖を抱いているようでしたらそれはパワハラである可能性が高いです。

パワハラは、一方通行で襲ってきますので圧迫されればされるほど、あなたの心は弱っていきます。

心が弱っていくと、どんどん洗脳されていって、自分を責め始めます。

自分に非がないのに、本当は疑問を感じているのに、自問自答を繰り返すと心身共に疲弊してうつのリスクを高めます。

あなたが今、職場や当事者に恐怖を抱いているのであれば独りで抱え込むのはやめましょう。

パワハラは一方通行で襲ってきます。

だから、独房に閉じ込められるような感覚を覚えるかもしれません。

そうすると閉鎖的になってしまい、独りで抱え込んでしまいがちです。

これは、正常ではありません。

独りで抱え込まないで、信頼できる人に打ち明けましょう。

職場のパワハラは大きな社会問題です。

周囲にいないのであれば、それを受け止めてくれる専門の相談機関に打ち明けましょう。

あなたが思っている以上に、あなたのことを包み込んでくれるはずです。

弱った心や衰えた思考回路では正常な判断はできません。だから味方を作りましょう。

あなたの現状を理解してくれたり、共感してくれる相手がいるだけでも負担は緩和されるはずです。

軌道修正を目指して、今の環境から脱却しましょう。

パワハラは、いかなる理由があろうとも許される行為ではありません。

場合によっては法に触れるケースもあります。

だから、独りで抱え込まないでください。大切なのは自分自身です。

あなたの味方になってくれる人は、今は気づかないだけであって、本当はたくさんいるはずですから。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 対人恐怖症