【転職失敗!】前の会社に”出戻り”はアリ?恥ずかしいこと?

      2016/06/22

Pocket

t

転職失敗を経験した人は世の中に大勢いて、珍しいことでもありません。

失敗は誰にでもあります。たった数回の面談で入社の選択をしなければならない転職の失敗確率はどちらかというと高いと言っても過言ではないでしょう。

「転職失敗」と思うタイミングは入社即日~3ヵ月くらいの割と早い段階が多数です。中には部署異動等の環境の変化に伴い条件面を大きく覆されてしまった場合なども例外ではありません。

転職先の職場環境が自分にとって劣悪な環境、もしくは前の会社よりも劣悪であれば、前の会社を恋しく思ってしまうことは必然でしょう。

転職は、少なからずどこかに前向きな気持ちがあるはずです。

当然心の中は前勤めていた会社よりも、より良い環境を望んでいたに違いありません。

それが、逆の方向に向いてしまうのであれば、やっぱり出戻りが頭をよぎってしまうでしょう。


出戻りは恥ずかしいことではありません。会社が受け入れてくれるのであれば出戻るリスクは低いはずです。

失敗は誰にでもあります。早めに気づいて軌道修正をした方が傷も浅い。

あなたが以前勤めていた会社への出戻りを望んでいて、それを会社が受け入れてくれるのであれば失敗を寛容に受け止めてくれる良い会社なのではないでしょうか。

出戻る会社の職場環境はあなたもよく知っているはずですから、失敗するリスクも低いはずです。

そして、一度失敗を経験したあなたは一回り成長して仕事に従事することができるでしょう。

この関係性に恥ずかしさや後ろめたさはあるのでしょうか。

むしろ素晴らしいことだと思いませんか?

出戻りができるということは、あなた自身が会社と良い関係を築いて転職されたわけですし、その会社も再びあなたのことを必要としてくれるのですから双方の絆は一層深まりお互いに良い働きかけが生まれるのではないかと思われます。

出戻りたい気持ちがあったら、まずは周囲のスタッフから切り出していくことが良いでしょう。

転職と同様に、出戻りも段取りが大切。

いくら社長や上層部と良い関係性を構築できていても、上の人たちにいきなりアプローチをして出戻りを決めてしまっては、いきなり戻ってきたあなたに周囲のスタッフは驚くことでしょう。

できるだけ自然に戻ることが大切ななので、まずは周囲のスタッフに連絡をとって、感触を見た上で支援や協力をお願いするのが自然な出戻りを成功させるコツと言えるでしょう。

周囲の理解や認知を得た上で人事の決裁権がある人と話をしていって、出戻ることができればあなたにかかる心の負担も緩和されると思います。

失敗は誰にでもあります。それを周囲や過去の仲間たちに隠したいと思う気持ちも当然あります。

だけど、失敗を打ち明けられることができれば、必ず大きな成長を遂げることとなるでしょう。

プライドを捨てる行為は、失敗を失敗と認めて、今度は繰り返さないようにと思うことができる素晴らしいことでもありますから。

失敗を認められる人間は、成長します。人としての味も出ます。他人の失敗を許せるようになります。

出戻りたい気持ちがあるのであれば、自分の気持ちに素直になって、真摯に向き合って行動を起こして行くべきだと思います。

自分が望む環境は、自分で掴むのが一番なのですから。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活