うつ状態の時は自分を一番大切に。身体と心にいいこと3つ。

      2016/06/22

Pocket

morning

うつになってしまうと、お家に引きこもりがち。

十分な療養をとっても、回復までに時間がかかるから考え事ばかりしてしまう。

うつになったら、見失ってしまっていた自分のことを一番大切にしてください。

あなたは、今までの過程の中でものすごく心身に負担をかけてしまったのですから。

だから、今回は難しいことは抜きにして身体と心にいいこと3つを紹介していきます。

無理をしないで、やってみようと思えたら試してみてくださいね!


まず、朝日を浴びて身体と心の時計をリセットしましょう。

うつになってしまうと昼夜が逆転しがちですよね。

人は、早寝早起きがやっぱり一番です。

朝日は身体に良い効果をもたらしてくれますし、健康や美容にも効果的だと言われています。

日光浴。特に朝日は身体にいいことばかりです!

食事に、魚、納豆、乳製品を取り入れましょう。

これらは、うつに有効的な成分が含まれている食べ物です。

日光浴をするとさらに成分が活性化し、うつを緩和させると言われています。

これらを組み合わせると快眠効果を促して心や身体を良い状態で休ませてあげることができると言われています。

やっぱり身体を動かすことが大切。

本当は朝日を浴びながらウォーキングやジョギングを行うことが最も良いと言われているのですが、難しかったら身体を動かして汗を流すことから始めてください。

有酸素運動はうつに効果的なプラスの要素がたくさんあります。

家に引きこもりがちだと体も鈍ってしまいますよね。

運動をして汗を流して、毒素を外に出してあげることは身体にも心にもとっても良いことです!

 

以上、リズムオンラインがお勧めする身体と心にいいこと3つでした。

3つ組わせると効果は更に発揮されると言われています。

共感いただけましたらどれか一つでもいいので試してみてください!

一日一日を大切に、ちょっとのことを継続して、一歩ずつ階段を上っていくことが状況を好転させるきっかけになります。

リズムオンラインは、あなたがあなたらしくいられる日が来ることを心より願っております。

 

 - うつの悩み, 孤独な悩み