【妻が妊婦中の旦那さんへ】夫としてできること。

      2016/06/22

Pocket

maternity

妊婦さんは情緒不安定です。

感情の起伏が激しくて、嬉しくなったり、悲しくなったり、不安になったりの毎日を過ごしています。

夫が仕事中も情緒不安定と戦っています。

ホルモンのバランスが乱れいる状態なので、感情のコントロールができなくて夫にあたってしまうこともしばしば。

だけども、理解して受け止めてあげなければなりません。

妊婦うつという言葉がありますが、一見穏やかで幸せな毎日を過ごしているかのように思えてもそうではありません。

妊婦とうつは隣り合わせです。

だから、元気な赤ちゃんを産んでもらうためにも夫が妻を理解をして優しくしてあげなければなりません。


新婚さんであればなおさら!妊婦の妻をちゃんと理解する努力をしましょう。

妊婦の妻は、感情の起伏が激しいです。

お腹の中にいる赤ちゃんに対する喜び、出産の覚悟、母親としての自覚。

そして妊婦中は、夫の浮気に対しても敏感です。

妊婦の妻は生まれてくる赤ちゃんと、あなたのことだけを見ています。

だけども一人でお家にいる時は、赤ちゃんもあなたのことも見えないので不安です。

だから、できる限りあなたも妻のことだけを見てあげましょう。

新婚さんであれば、お互いの信頼関係をしっかりと構築していくためにも尚更大切にするべきでしょう。

妊婦中はできる限り早く帰宅してあげましょう。

妊婦中は孤独です。独りでいると色々考えてしまいます。

だから、できる限り仕事を早めに切り上げて妻とのコミュニケーションを大切にしましょう。

妻の話をとことん聞いてあげましょう。

妊婦中は家に引きこもりがちです。今までとは段違いに人と会話をする機会がなくなります。

だから、お家にいる時は妻が話しかけてくれた時はできる限り話を聞いてあげましょう。

妊婦中のコミュニケーションは、ものすごく大切です。

スキンシップをできるだけ取りましょう。

優しくお腹を撫でてあげたりするのも大切なスキンシップ。

妊婦中は肩もこったりしますので、肩を揉んであげたりしてスキンシップをとってあげると安心してもらえると思います。

 

妊婦中の妻は情緒不安定です。

一番に求めているのはあなたと過ごす時間のはず。

仕事も大変ですが、妊婦中の妻も同じように大変です。

二人の子供ですからまだお腹の中に子供がいても、協力し合い、お互いを信頼しあわなければ幸せな家庭を築くことができません。

だから、できる限り妻だけを見て、可能な限り一緒にいる時間をつくるようにしましょう。

それが、妻にとって大きな支えになって、元気な赤ちゃんが生まれる源になるはずですから。

 

 - 育児の悩み