【うつ・情緒不安定】人に会いたくないとき、無気力な時に知っておいてもらいたいこと。

      2016/06/22

Pocket

soft

うつ・情緒不安定な時、心は乱高下状態です。

焦ったり、無気力になったり、いきなり涙が出たりで自分をコントロールするのが難しいはずです。

勿論、そんな状態の時は、自分を人に見られたくないという思いだってあります。

また、うつや情緒不安定のときに、心が欲していない人に会うことでマイナスダメージを負ってしまうこともあります。

う心のコンディションが良くないときに、自分の意に反する行動を行ってしまうことは良くありません。

心と身体は1つ。心と身体であなたが形成されています。

心が望むことを行動に移していくことが、状況を好転させていくのだと思います。


心が望んでいないことは身体がついていきません。常に一緒である必要があります。

うつや情緒不安定の時に大切なのは、無理をしないことです。

心が望んでいないのに、無理やり奮い立たせて行動に移しても良い結果を生むケースは少ないはずです。

逆に心が望んでいても、身体が動かないときも同じです。

無理なものは無理。今はこの考えで良いと思います。

常に心と身体のバランスを考えながら生活を行っていきましょう。

うつや情緒不安定の時の感情の起伏は激しいはずです。

時間単位・分単位で感情が変わったりします。

外に出ようと思ったのに、人に会いたいと思ったのに、玄関を開けて少し外に出た瞬間に否定的になったりします。

そんな時は、心と身体が向いている方向に歩いていきましょう。

無理は良くありません。

人と約束をしているのであれば、それを正直に話しましょう。

理由をわかってくれるのであれば、それはあなたにとって大切な人なはずです。

否定的な意見を言ってくる人は、今は切り離してしまうべきでしょう。

多くの友達よりも少しの理解者がいた方があなたにとってよっぽど心強いはずです。

うつ・情緒不安定な時は、心と身体を1つにすることを心がけていきましょう。

 

 - うつの悩み, 孤独な悩み, 対人恐怖症