職場のいじめ。あなたは耐えられますか?続けられますか?

      2016/06/22

Pocket

yuhi

入社・転職したばかりの新卒社員・中途社員は、希望や期待の反面リスクも背負います。

部署移動や転勤なども同様です。

大きな環境の変化の中で、緊張感あふれる毎日を過ごす中、上司や同僚、そして部下からのいじめで心が病んでしまっている人たちがいます。

いじめはハラスメント行為とみなされる可能性も高く、犯罪に発展するケースも少なくはありません。

いじめは、心身共に危険です。

大きな環境の変化の中、それだけでも負担がかかるのに、いじめにあってしまっては心身共に限界状態になるに違いありません。

過剰な労働時間の強要や、執拗な嫌がらせ、自分のスキルよりもはるかに低レベルな仕事を与えられたり、その逆も。

怒鳴られたり、暴力を振るわれたり、放置されたり。

いじめには色々な種類がありますが、どれも心に大きな負担がかかることは間違いありません。

このページを見ているあなたは、いじめられてますか?いじめに耐えられますか?続けることができますか?

いじめにあってしまっているのでしたら、自分に問いかけてみてください。

そして、自分に正直になってください。


職場のいじめ・ハラスメントは”うつ”や”対人恐怖”を発症させる危険があります。

いじめている側は、心が満たされていることでしょう。

いじめなんて、ただの独裁欲や自分の存在価値の確認行為であって、いじめることによってそれが満たされる自己満足行為。

そんなくだらない自己満足に付き合っている側はたまったものではありません。

いじめている側の欲求が満たされれば満たされるほど、その負荷はあなたに来るのですから。

その負荷は強烈に心にのしかかるはずです。心臓をえぐられるような感覚を覚えるかもしれません。

あなたは、いじめに耐えられますか?いじめながら仕事を続けることができますか?

いじめられることで仕事のパフォーマンスがあがりますか?今後のキャリアにつながりますか?

答えは簡単なはずです。

いじめからは何も生まれません。

ただ、欲求を満たすためだけにモノのように扱われている日々が続くのであれば、それはあなたにとって、これほど悲しいことはないのではないでしょうか。

会社であれ、プライベートであれ、自分らしさを発揮できる環境でないと、成果を出せません。

上から押さえつけるのは簡単です。いじめるのも簡単です。

だけど、そこから何も生まれることがないのをわかっているからできる大人はそれをやりません。

あなた自身が組織に溶け込む努力をすることは大切です。

会社も同じようにあなたの個性を尊重し、最良のパフォーマンスを発揮できる環境を作る必要があります。

会社、そしてスタッフ。これらの一方通行のコミュニケーションに成果はついてきません。

お互いが歩み寄って、尊重しあって、成果がついてくるのではないでしょうか。

仕事はそんな甘いものではありません。

一人では成し遂げられないから組織になるのです。

あなたは、いじめに耐えられますか?いじめながら仕事を続けることができますか?

自分に正直に、自分を責めないで、もう一度心に問いかけてみてください。

逃げることは恥ずかしいことではありません。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活