ブラック企業で転職失敗!活動しても内定が決まらない人へ。”転職活動を止める”という考え方があります。

      2016/06/22

Pocket

stop

転職しても転職してもその先はブラック企業。というケースも少なくありません。

簡単に内定を貰えちゃう企業には、落とし穴もあります。

うまい話には裏があるというのはこういうことを言うのでしょう。

入社後馬車馬のように働かされて、使い物にならなくなったらさようなら。というビジネスモデルを展開している企業も残念ながら存在するようです。

そんな企業は入るのは簡単ですが、その後は大変です。自分に全く合わなかった場合、心身共に強烈に疲れ果てます。

場合によってはうつ病を発症してしまう恐れもありますから危険です。

離職率も異常なほど高いはずです。

この環境に適している人もいればそうでない人もいます。なので一概には言えませんが、内定を簡単にもらえちゃう企業は落とし穴にはまってしまう場合があるので注意です。

これは、世間一般的に言われるブラック企業なのかもしれません。

また、これを経験してしまうとブラック企業からブラック企業へ渡り歩いてしまうサイクルができてしまって、これで苦悩している人たちも多く存在します。

いま転職活動をしていて、この記事に激しく共感しているようでしたら転職活動を止めるという考え方を参考にしてください。

会社は日常生活の大半をそこで過ごす、あなたにとって大切な居場所です。

そこがあなたにとって苦痛の場でしかない場合、心身に伸し掛かる負担は強烈です。

だから転職活動を止めて、軌道修正を行うことも大切なのだと思います。


ハローワークでお金を貰いながら職業訓練学校に通って転職に武器を。

業種・業界転換を視野に入れることも有効的だと思います。

一度立ち止まって、自分の適性を見つめなおしてみましょう。

もしかしたら、今転職しようと思っている業種・業界が自分に合っていないのかもしれません。

やりたいこと、できそうなことをもう一度見つめなおしてみましょう。

もし、それが今の業種・業界でないのであれば、知識を学んだり資格を取得して武器を作って、改めて転職活動を再開させるのも良いかもしれません。

ハローワークを経由した職業訓練学校はお金を貰いながら技術や知識を学べることができるはずですので、もし共感いただけるようでしたら最寄りのハローワークに足を運んでみてください。

市区町村によって異なるかもしれませんが、その後の転職支援もしてくれたりするはずです。

派遣やアルバイトをして最低限の生活費を稼ぎながら学校へ通う。

これも、同様です。

やりたいこと、できそうなこと、適性が今転職しようと思っている業種・業界でないのであれば職種転換をするのも手段です。

そのためには、武器が多ければ多いほど活動を有利にさせるとともに、入社後のミスマッチを低下させます。

知識・技能取得後、提携先の会社を紹介してくれる学校もありますから、活用していくのも有効的でしょう。

情報収集の第一歩はインターネットで簡単にできますので、共感いただけるようでしたらそこから始めてみるのも良いかもしれません。

 

転職活動がうまくいかないとき、転職しても苦痛な毎日を過ごす日々が続いてしまう場合、もしかしたらあなたが今いる、業界・職種が適正でないのかもしれません。

そんな時は、転職活動を止める。という考え方も有効的だと思います。

共感いただけるようでしたら、検討してみてください。

最後にもう一度お伝えしますが、会社は日常生活の大半をそこで過ごす場所であって、あなたにとって大切な居場所でなくてはなりません。

自分に適した職場環境と巡り合えることで、あなたの日常生活は大きく変わるに違いありません。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 対人恐怖症, 転職・就活