”うつ”からくる脱力感・無気力状態の時に知っておいてもらいたいこと。

      2016/06/22

Pocket

dolphin

うつは心の病です。

まじめな人、我慢しすぎちゃう人、断れない人、優しい人性格の人がなりやすいと言われています。

うつになってしまう人は、まじめな人が多いです。

だから、少し身体を動かすことができるようになると、早くこの状況から抜け出したい気持ちが芽生えてきます。

だけども、そんな気持ちとは裏腹に身体や心がいうことを聞かず、脱力・無気力状態になってしまうことがあります。

そして、原因がはっきりとしないし、答えが見つからないんだけれども、焦ってしまいます。

焦るとうまくいきません。うつの一つの症状として焦燥感があります。

焦っても、心も身体もいうことを聞いてくれないので自己嫌悪に陥ります。

これが、続くと症状は良くならずに、悪化してしまう場合もあります。

うつでなくても言えますが、焦ることで思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるのです。

あなたの根はまじめなはずです。焦らなくたって、状況は好転していくはずです。


脱力・無気力な状態のときは”心と身体がくっついていない状態”

心が望んでないのに身体は動くわけがないです。動いてもだるさが残って本来のパフォーマンスを発揮できません。

身体が望んでいないときも同じです。

だから、心と身体をくっつけて、調和させることが大事です。

だから、そんな時はボーっとしたり、心が望んでいることをやってあげてください。

心と身体がくっつくようになれば、脱力・無気力感は緩和されてくるはずです。

リラックス効果をもたらすジャスミンティーやアロマを使ってみたり、好きな音楽をボーっとしながら聞いたり、日光浴をするのも良いかもしれません。

焦って動くよりも、待つことの方が大事。

焦ってしまうと、心と裏腹な行動をとってしまいがちです。

あまり良いことではありませんよね。

そんな時は、魚釣りをしている時のようにじーっと待つことも大事です。

時間がそれを解決してくれることだってあるし、心と身体のコンディションが良いときに外へ出てみたり行動することによって、小さな希望のかけらを見つけることができるかもしれません。

焦って行動を起こす時も、そんな時な腰を据えてちゃんと自分と向き合うことの方が大切だと思いませんか?

自分を知って、そして今の自分を認めてあげることで、少しずつ心と身体がくっついていって、心が望む行動を身体が起こせるようになるのではないでしょうか。

徐々にそれができるようになってくると、無気力・脱力感はゆっくりと緩和されていくはずです。

朝起きれなくたって大丈夫。一日何もしない日があっても大丈夫。それがいつまで続くかわからなくたって今は大丈夫。

ゆっくりと自分を認めてあげることで、状況が好転していく日が必ず来るはずですから。

 

 - うつの悩み, 人生の悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み, 転職・就活