就職・転職で内定がもらえない。死にたい感情が芽生えた時どうすればいい?

      2016/06/22

Pocket

infinity

焦り・脱力・孤独・無気力、そして絶望。

就職・転職活動がうまくいかないとき、長期化しているとき、こんな感情が生まれるのではないでしょうか。

生まれて当然です。

いくつもの過程で社会の冷たさを経験し、社会からの必要性について何度も自問自答しているのですから。

企業が募集しているから面接に行っているのに、圧迫され、時には人格まで否定されてしまえば、活力が低下するのは必然的です。

不採用通知が来るたびに、心も身体も追い込まれます。

これを繰り返していくと、脱力感や無気力に苛まれ、どんどん生活のリズムもおかしくなるし、それと同時にマイナスの感情ばかりが頭の中を駆け巡ります。

心と身体が正反対に動くようになって、行動を起こせなくなって、死にたくなっちゃいます。

嫌になっちゃますね。こんな社会、こんな生活。

悲しいですが、日本には就職・転職活動でなかなか内定がもらえなくて苦悩し葛藤し続けている人がたくさんいます。

これが、企業に就労する過程で当たり前なのであれば、そのレールを壊しちゃいましょう。


焦りからは何も生まれない。企業から選ばれるのでなく、あなたが企業を選んでも良いのです。

就職・転職先が決まらないから、だから何社も闇雲にエントリーして面接をした。

募集内容を見て、今までにエントリーしてきた会社があなたにとってすべて魅力的でしたでしょうか。

  • とにかく内定が欲しい。
  • 自分を受け入れてくれそう。
  • もう、残された時間がない。

こんな感情はありませんでしたか?

なかなか決まらないと焦ります。だけど焦りからは何も生まれないのではないでしょうか。

自分を見失うと、心と身体が正反対に動くようになってきて悪化します。

例え、焦って内定を決めたところで、その先に待っているものはあなたにとって良いものなのでしょうか。

働くということは、会社に利益をもたらして、その対価としてお給与をいただくことです。

シンプルに言うとこれだけです。

だから、企業が会社を選ぶのではなくて、あなたが企業を選んでも良いのです。

大切なのはあなたが望む仕事で、望む環境の中で会社に、社会に貢献していくことなのですから。

焦ったら、無気力になったら、心と身体をくっつけるために休みましょう。

長い社会生活の中、今は長いと感じているかもしれないけれど、就職・転職活動に費やす時間なんて、決まった後に振り返ってみたら短い期間です。

自分の軸から逸脱しないで、心から入りたいと思える企業に巡り合えるように、そのために休んで心と身体をくっつけましょう。

心が望んでないのに、無理やり活動を行い続けたって良い結果は生まれないはずです。

余計、悪化してしまうかもしれません。

いてもたってもいられない状態かもしれませんが、数打って当たったって必ず良い結果が生まれるとは思えないし、

それよりも、心と身体をくっつけるために、もう一度自分ができること、仕事を通じて社会貢献したいこと、譲れないこと、苦手なことについて向き合いましょう。

50社受けて勝ち取った1つの内定と、行きたい企業に絞って5社受けて勝ち取った内定の価値は?

いずれにせよ、最終的に入社する企業は1社です。

それまでのプロセスは人それぞれですが、1社です。

入社が決まれば、その職場で長い会社生活が始まります。

自分の心と身体が望む求人なんて、そうバンバン出てくるものではありません。

落ち着いて、待つことも重要なのではないでしょうか。

待っている間、自分を見つめなおしたり、求人媒体を見て色々な企業を知ることも有効的でしょう。

会社は無数に存在します。会社によって考え方や職場環境、そこで働く人間性も異なります。

雇用形態に優劣がある時代でもありません。正社員でも簡単に解雇されてしまったり、雑に扱われてしまう場合もあります。

焦らないで、本当の自分を殺さずに、落ち着いて待つことも重要です。

最終的に入社する企業は1社なのですから。

一旦落ち着いて自分を見つめなおしてみると、本当の自分が見えてくるかもしれません。

本当の自分が見えてくると、求職活動のやり方が変わってくるかもしれません。

会社なんて無数に存在するのですから。心も身体ものぞむ環境で社会に貢献していった方が楽しいはずです。

 

 - しごとの悩み, 転職・就活