勤務中にうつ病と診断されたら。「手当・保障」を活用して経済面の負担や不安を軽くして療養に専念しましょう!

      2016/06/22

Pocket

hikari

職場が原因でうつ病が発症してしまうことは多いです。

過酷な就労状況・ハラスメント・プレッシャー。。。等々、職場にはうつを起因させる要因が沢山あります。

精神が限界に近づくと、自分自身がその症状を自覚し始めます。

  1. 食欲の大幅な減退。
  2. ありえないほどのケアレスミス。
  3. 無気力・脱力感。
  4. 睡眠不足

異変に気付いた周囲から指摘されることも。

だけども、責任感が強かったり、守るべき家族があったりするとうつを疑いながらも我慢し続けてしまいます。

また、うつになってしまった場合の経済面も心配でそれも我慢に拍車を掛けます。


知っていますか?病院でうつと診断された場合”傷病手当”が適用されることを。

職場が原因でうつ病と診断された場合、条件が満たされれば傷病手当を受給することができます。

療養における経済面において、かなり助かるはずです。

うつ病と診断された場合、必ず診断書を会社に提出しましょう。直接手渡しに抵抗があるようでしたら郵送でも構いません。

会社が取り合ってくれない場合は、加盟している社会保険事務所に直接連絡を取って、事情を話して傷病手当の受給資格について聞いてみましょう。

しっかり療養するために、経済面は大事です。

傷病手当が受給されると、療養における心配や不安要素が大きく解消されるはずです。

受給資格がなかった場合は最寄りのハローワークに相談してみましょう。

特定の条件を満たせば、ハローワーク側も歩み寄ってくれる場合があります。

ハローワークに診断書と離職票を持っていって、ちゃんと事情を説明するようにしましょう。

医療機関から薬を処方してもらっている場合、処方における負担が優遇される場合があります。

治療が長期化する見込みでしたら、先生に相談してみてください。

市区町村によっては、通常の3割負担のところを、手続きをすれば1割負担にできる場合があります。

国民保健・年金の支払いも辛いはずです。市区町村の役所に事情を説明して相談しましょう。

市区町村によっては、事情をちゃんと話して手続きをすれば、支払いを分割にしてもらったり免除してもらえるケースがあるようです。

これらも、制度が活用できるかどうか聞いてみるのも良いでしょう。

 

以上、うつ病になってしまったときに活用できる手当と保障でした。

知っているのと知らないとでは療養に大きな差が出ます。国、そして会社から受け取れる手当や保証を理解して療養に専念していくことも重要です。

療養において、経済の問題は必然に出てきますから。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 対人恐怖症, 転職・就活