転職失敗!”辞めれない事情”があるから居続けなければならない?本当に大切なのは?

      2016/06/22

Pocket

joker

失敗は誰にでもあります。失敗をすることで人はプライドを捨てることができて、人間味が出てくるのではないでしょうか。プライドを捨て続けることは、人を大きく成長させます。そして、やがて自分なりの社会貢献意志や誇りが見い出せて、熟成された大人へと成長していきます。

転職失敗はよくあることです。

終身雇用制度が崩壊したといっても過言ではない日本社会では、数社~数十社転職経験をしている人たちは多いです。

中には入社即日~3カ月程度で失敗を痛感し、退職をするケースも少なくはありません。

面接内容や入社条件と、入社後に送っている現実に差異があればあるほど、その可能性を高めます。

面接時に説明されたことと真逆の職務内容であったり、入社してみて初めて見えた職場が劣悪だったりするケースも非常に多いのではないでしょうか。

入社・転職は、たった数回の面接ですべてが決まります。だから、失敗はよくあることです。

転職失敗に気づく多くのタイミングは入社即日~6カ月の間です。

だから「社歴が浅いため履歴書に傷がつくため我慢しないと」という感情が芽生え苦悩してしまいがちです。

しかし、現在の状況が出社に対して心が強い拒否反応を示したり、恐怖感を感じたりしているのであれば危険な状態です。

自分にとって劣悪な環境に居続けることはうつになるリスクを高めます。うつになったら長い療養期間が必要になります。

我慢を続けるほどその症状は深刻になり、精神的ダメージを大きくさせます。

深刻な状態に陥る前に対策を打つことが大切です。


転職失敗と思ったら、失敗した原因を知ろう!

人生は失敗の連続ですが、失敗を振り返るのとそのままにしておくのでは大きな違いがあります。

失敗を振り返り、原因を追究したり、自分に合わない職場を見極めることによって同じ失敗の確率を低下させます。

転職失敗と思ってしまった原因にはいくつかのケースがあると思います。

  1. 仕事内容が思っていたのと違かった。
  2. いきなり違う部署に異動となった。
  3. 仕事内容がつまらない。
  4. 仕事にやりがいを持てない。

など、原因が仕事内容にあるのであれば、職場に在籍し続けて改善させることができるかもしれません。失敗と思ってしまったことを、その会社で払拭することができるかどうか、ちゃんと考える必要があるかと思います。もしかしたら、慣れていくにつれてやりがいを持てるようになるかもしれません。

  1. 心身共に疲弊するような法外な就労時間。
  2. 放置・いじめ・パワハラ・セクハラ。
  3. 毎日怒鳴られる。暴力を振るわれる。
  4. 職場の人に恐怖感を感じる。

など、転職失敗の原因が仕事内容ではなく人間関係や職場環境にあるのであれば、危険な状態です。人それぞれですが、これらは大きく自分の心や身体に負担がかかります。

この状況が続いてしまうと、うつ状態に陥ってしまう可能性が高いです。普段やらないようなケアレスミスを連発してしまっていたりする場合は危険信号です。一人で抱え込まずに信頼できる人・然るべき機関に相談をして状況を好転させる手段を考えていくべきだと思います。

数回の面談では、あなたも会社も互いに理解できるわけがありません。ミスマッチは少なからず起こります。

ただし、会社に恐怖感を感じるようでしたら危険です。

早期退職を視野に入れても良いかもしれません。

冒頭でも申し上げましたが、数社~数十社転職している人は世の中にたくさんいます。「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉がありますが、ちゃんと事情を説明すれば、それを理解してくれる企業も出てくるはずです。

世の中に会社はたくさん存在します。だけど、あなたはたった一人です。

失敗を見つめなおして次の行動を考えていく。信頼できる人に相談をして客観的に状況を見てもらう。

そして次失敗しないように努力をしていくことが大切なのではないでしょうか。

会社に居続けなければならない法律なんてありませんし、転職回数が多いことに抵抗を持たない会社も存在します。

会社は日常の殆どをそこで過ごしますので、大切なあなたの居場所でならなくてはなりません。

そこは、将来あなたの居場所になる未来があるのか。もう一度ゆっくりと考えてみましょう。

会社は無数にありますし、解決策も無数にあるはずですから。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活