職場のいじめは許されざる行為。辞めたい・耐えられない・死にたいなどと思ってしまったらどうすればいい?

      2016/06/22

Pocket

chair

会社とは、ある一定の一般常識の持っている大人達が集まる組織で、良識ある大人同士で形成されていて、互いに支えあい、助け合う組織であるべきなのですが、

残念ながら職場でイジメが発生してしまうケースも少なくはありません。

パワハラ・セクハラなどの言葉が一般化されているように、世の中には職場のいじめにより、苦悩している人たちがたくさんいます。

上司・同僚・先輩、現在では自分より目下の部下や後輩からによるいじめも深刻化している状況です。

あなたは、道端で捨てられている子猫をためらいもなく燃やすことはできますか?

あなたは今、もしかしたらそんなことが平気でできてしまう心の持ち主と向き合っているのかもしれません。

いじめなんて薄汚い独裁欲から生まれる心の小さな恥ずかしい人間が起こす、幼稚な行為なのです。

こんなつまらないことで、あなたの生活を狂わせてしまうことはありません。こんな惨めな行為に付き合うこともないのです。

職場は良好な人間関係を気づきながら居場所を作っていくことが大事で、それが崩れてしまうと心身共に良好な状態ではいられなくなります。

会社には、労働者が快適に働けるように職場を管理する職場環境配慮義務がありますが、それが全うに行われていないのも事実です。

職場のいじめは陰険で、心身に大きな負担がのしかかります。

心身が病んでいくと思考回路は衰え、正常な判断ができなくなってしまい、どんどんいじめる側のペースにはまっていってしまいます。

いじめが発生する、またはそれを黙認するような、会社や部署、そしてチームに良い仕事ができるわけがありません。

放置してしまうと、悪化の一途を辿るケースも多いですので早めの軌道修正が大事です。


職場のいじめは”うつ”と隣合わせ。負の感情しか生まないため、早めの軌道修正を心がけましょう。

 

まずは、信頼できる同僚や上長に相談を持ち掛けましょう。

良識な考えを持っているスタッフであれば、いじめを深刻に受け止めてくれるはずです。

いじめは、幼稚で独裁的な発想から始まる業務上極めて必要のない行為でありますから、普通の人であれば親身に相談に乗ってくれるはずです。

また、脱却に向けて協力してくれる可能性もあります。独りで抱え込んでしまうのは危険です。周囲に信頼できるスタッフがいるのでしたら相談を持ち掛けましょう。

部署やチームぐるみのいじめの場合は、他部署のチームの上長や同僚に相談してみるのが最適でしょう。

いじめが会社ぐるみの場合、家族や友人、第三者機関に相談を持ち掛けましょう。

今、自分が抱え込んでいる負の感情を打ち明けて、理解・共感をしてくれる第三者が必要です。

独りで抱え込んでしまうと心身共に極めて高く悪影響を及ぼす可能性があります。会社がいじめを承認・黙認している場合も少なくはありません。

その場合、会社に協力を求めるのは難しいです。会社組織から離れた第三者に理解・共感を求めるのが最適であると考えます。

仕事の相談機関を頼ってみましょう。

職場のいじめで苦しんでいる人が世の中にはたくさんいます。当然これは、問題であって許すわけにはいきません。場合によっては法で罰せられることもあります。

そんな人たちのために、相談に乗ってくれる専門機関が存在します。活用してこの事態の脱却に向けた専門的な意見に耳を傾けてみましょう。

あなたの心に負担のかからないような、状況を好転させる解決策が見つかるかもしれません。

 

いじめから逃げることは悪いことではありません。会社を辞めるという選択肢も視野に入れてみるべき。

職場のいじめは深刻な問題です。これが会社ぐるみであれば、在籍しながら解決できる可能性は低いのではないでしょうか。

いじめを肯定したり、黙認している会社は、常にだれか標的を作って攻撃を仕掛け続けている可能性が高いです。その標的が今、あなたなのかもしれません。

そんな会社に明るい未来はありません。また、いじめられてしまっている環境で仕事をし続けるにあたって、あなた自身にプラスになるものはあるのでしょうか。

仕事は生活の大半の時間を捧げる大切な場所です。そこで負の感情や苦痛を抱きながら居続けるほどつらいものはありません。

深刻な状況でしたら退職を検討してみるのも問題ないかと思われます。

組織の価値・規律は狭い視野です。会社によって様々な価値感があり、規律があります。それに共感できればできるほど、その職場環境はあなたに合うものなのではないでしょうか。

今まで、全くいじめとは無縁だった人が、転職をきっかけにいじめの標的にあってしまった。というケースも珍しくはありません。

また、職場を変えることによっていじめのない会社に巡り合えたケースもあります。

退職して環境を変えることが状況を好転させる一歩である場合もあります。退職は逃げることではありません。自分にとって良好なコンディションを保つことができる職場に巡り合うための第一歩なはずです。

会社は無数に存在しますから。

イジメによる心の負荷は外的要因です。それを外してあげることによってあなたの負担は大きく軽減されることは間違いないのではないでしょうか。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活