転職失敗!残るべき?辞めるべき?そんな時に、最も大切にしなければならないこととは。

   

Pocket

office

転職して即~数ヵ月の間で「転職失敗!」と思ってしまうことは珍しくありません。

会社は入社してみないと実態を把握しづらく、面接・面談時には見えないものばかりです。

人間関係・職場環境・社風・仕事内容等の大きなミスマッチから転職における激しい後悔、そして苦悩している人は世の中にはたくさんいます。

入社をしたばかりですので、辞めたい・逃げたいと思っていても、履歴書に傷を残してしまうことや社会的評価・金銭面を懸念して身動きが取れなくなってしまうのもありがちですよね。

日常生活のほとんどを職場で過ごしますから、「転職失敗」における心身的負担は強烈です。

そこには様々な問題が起因していると思いますが、自分にとって劣悪な環境に居続けることによってうつを発症させてしまうリスクを伴います。

そんな時、最も大切にしなければならないのは自分のことです。

今、置かれている状況が自分にとって劣悪で心身共に大きな負担を伴う場所なのであれば、軌道修正を検討するべきだと思います。

一番大切なのはあなたです。あなたの精神が極限状態に達してしまっては今後の日常生活に大きな影響をきたします。

家族がいる場合、家族はそれを望むのでしょうか。

転職失敗はよくあることです。失敗して辞めること、次の転職先を考えることは恥ずかしいことでも後ろめたいことでも、逃げることでもないと思います。

近年では転職回数が多いからNGと判断する会社ばかりではなくなってきています。転職回数に全く触れない企業もありますし、転職回数が多いことを豊富な経験を積まれていると判断する企業も見受けられます。

ブラック企業というワードが世の中に認知されているのもそれに拍車をかけているのかもしれません。

転職後、即退職。という行為も早めに見切りをつけたという解釈をすれば悪く伝わらない場合もあります。転職した会社が明らかに自分に合わない場合、劣悪と感じる場合は早期に見切りをつけた方が状況が好転する確率が高まる場合もあります。自分に合った職場にできるだけ早く巡り合うためにも早めに見切りをつけるのも重要であると考えます。

人生は、長いようで短いですから。

だから自分を、自分の今後の生活を中心に「続けるべきか、辞めるべきか」考えることが大切なのです。


辞める選択をした場合でも理由をしっかり話せば理解してくれる次の企業もあるはずです。

転職に失敗した場合、必ずそこには理由があるはずです。これを前向きに捉えて、次失敗を起こさないための努力をすればよいのではないでしょうか。

理由がわかれば、あなたが無理・劣悪・拒否反応を示してしまうことが分かってくるはずです。自分の心や身体が受け入れられないことを把握することは、次の失敗の確率を低下させます。

失敗と向き合うことも自分を大きく成長させます。向き合うことで、今後うつなどの心の病を発症させる確率も下がります。

そして、自分にできること・できないことを整理してやりたいことを改めて考えるようにしましょう。

これらがちゃんと明確になれば、それを受け入れてくれる企業だって出てくるはずです。

理想のライフワークを手に入れるためには、自らの行動、自らの選択が必要です。

苦痛でしかない環境からは何も生まれないのではないでしょうか。それよりもあなたの個性を発揮できる、受け入れてくれる環境を見つけ出すことが、自分を成長させる行為なのだと思います。

転職失敗により、自分が劣悪と感じる環境に居続ける行為は身体にも心にも良いことではありません。

あなたの人生の本来の目的は何ですか?あなたは今、それを見失っていませんか?自分を大切にできていますか?

今の状況を見つめなおして、自分を大切に、軌道修正を検討していきましょう。

心が拒否反応を示す環境に、明るい未来はないと思いますから。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活