職場のいじめ・パワハラ・放置は「仕事ができないレッテルを貼られてしまう」ことから始まる場合が多い。

      2016/06/22

Pocket

natural

過剰な労働時間・劣悪な職場環境・過度なノルマ・無理難題な業務・残業の強要...日本には就労者を守るべく労働基準法・組合が存在しますが、一部の企業では実際のところ機能していない場合があります。

入社前には必ず面談・面接を行います。本来これは、入社後のミスマッチを抑制し双方の納得の上で会社で働くための行為なのですが、実際に入社した後、面談・面接時に説明された内容と全く違かったというケースは少なくはありません。もちろん逆もしかりです。面談時にプレゼンテーションした内容に偽りや内定をもらいたい一心で過剰表現をしてしまい、入社後企業の期待とミスマッチを起こすケースも多いのが実情です。

入社後、少なからずとも企業と就労者の間でのミスマッチは起こります。これらを双方が納得するラインまで、お互いが努力を行い、歩み寄り、溝を埋めていくことが大切なのではないでしょうか。

しかしながら、実際のところはうまくいかないケースも少なくはなく、想定をはるかに超える事態に直面し、苦悩している人たちが沢山います。


入社早々課せられる無理難題・劣悪な環境に耐えられるわけがありません。やがて周囲から「仕事ができないと言われるようになる」ケースも少なくはありません。

入社早々は、緊張感も抜けず周囲とのコミュニケーションも確立されていない状態です。

周囲にあなたのことをよく思っていない人たちも、もしかしたらいるかもしれません。そんな職場が見えない状況の中、

  • いきなり過剰な労働・拘束を強いられる、結果としてやらざる負えない状況になる
  • 過度なノルマを設定される
  • できるはずのない仕事を依頼される
  • 放置

等の事態に陥ると、当然生活のリズム・心のバランスが大きく崩れ、あらゆる場面で支障をきたします。できるはずのない、心に大きな負担がかかることを行っているので何も成果を出すことができません。

この状態が続くとやがて、周囲から仕事ができないというレッテルを貼られることになるでしょう。

仕事ができないレッテルを貼られると、会社に居づらくなる・今まで以上に自分のパフォーマンスを発揮できなくなります。

こうなると心がどんどん萎縮し「自分は仕事ができない」と思われがちです。そして自分のことを責めるようになり、周りが見えなくなり始めます。

この状態は非常に危険な状態です。この状況が続けば続くほど事態は悪化する傾向にあります。

無理をしないで一旦立ち止まってみましょう。

会社は、会社が掲げる大きな目的のために組織一丸となって進んでいくもの。スタッフ同士を支えあう行為は当たり前の業務。

もしかしたら今、あなたはパワハラ・イジメに遭遇してしまっているのかもしれません。

自分を責めることを一旦やめて、こうなってしまった経緯をじっくりと振り返ってみましょう。

もしかしたら自分に非があったのかもしれませんし、会社や周囲のスタッフに大きな過失があったのかも知れません。

この状況はよくありません。

長期化すると心の病を患い、一旦長期的な療養をとらなければならない事態になってしまう場合もありますので自分自身を放置しないで軌道修正を考えていきましょう。

周囲の意見に耳を傾けるのも良いかもしれません。解決策があるのであれば会社に相談してみるのも良いかもしれません。自分に共感してくれる人に打ち明けましょう。

無理なものは無理で、辛いものは辛いのです。過度な我慢は良いことではありません。

過度な我慢を続けても、その先に明るい未来が想像できないのであれば、あまり意味がありません。今のあなたの精神状況、思考回路は衰えているはずです。独りで抱え込むことによって状況を悪化させてしまうリスクも生じます。

だからこそ、周囲に助けを求めるのが有効的です。あなたは仕事ができないわけではなく、仕事ができなくなる環境をつくられてしまったのかもしれません。

会社は本来、会社が掲げる大きな目的のために組織一丸となって進んでいくものです。仕事は大変です。だから目的を達成させるためにスタッフ同士が協力し支えあっていくのです。

そんな当たり前のことができていない環境に置かれているのであれば、そこにあなたが活躍できるフィールドはないのかもしれません。事情を打ち明けることで歩み寄りを見せてくれる会社もあれば、そうでない会社もあります。

良い方向に状況が転換できるように、早急に軌道修正を行っていくことをリズムオンラインは推奨します。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活