会社に行きたくない・辞めたい・逃げたい。苦痛な感情の裏側にあるものとは。

      2016/06/22

Pocket

ajisai

あなたは、あなたのキャラクター・性格・人物を”あなたの意志と正反対の方向”で勝手に決められていませんか?

会社は、日常生活で心身のコンディションを良好に保っていくための重要な居場所です。

そこで本来の自分と根本的に異なる偽りの自分を演じ続けることは苦痛なのではないでしょうか。自分らしさを一ミリも発揮できない職場ほどつらいものはないと思います。

会社・周囲のスタッフが決めたあなたの人物像があなたに激しい不快感をもたらすようでしたら、それは悲惨な毎日のはずです。

本当は、人と話すのが好きで会話を通して良質な仕事を生み出すタイプの人間なのに、君は黙々と作業をすることが得意だからそれを伸ばしていこう。

などと設定されてしまったら。当事者はどう思うのでしょうか。業務の範囲を超えて職場スタッフとの付き合いの中でも人と話すのが苦手だと思われてしまい社内コミュニケーションを絶たれてしまう場合もあります。

これにより自己嫌悪に陥り、心が会社に対して拒絶反応を起こすことだって少なくはありません。

これは、仕事がつまらないとか、やりがいを感じられないとか、多くの社会人が一抱く感情とは異なり心に大きな精神的ダメージもたらすリスクがあります。

自分の意と反する人物像を設定されて、それを演じ続けることが心地よいのであればそれは会社とプライベートを分ければよいことです。

ただ、これによって会社に行きたくない・辞めたい・逃げたい、会話をしたくないといった深刻な感情が生まれてしまった場合は危険信号です。


他人からの一方的なキャラクター設定は「あの人は仕事ができない」につながる可能性も。

仕事に打ち込むためのパフォーマンスを安定的に発揮するためには、本人の望む良好な人間関係・職場環境が必要です。

これらが劣悪な場合、自分らしさを発揮できずにケアレスミス・失敗を起こしがちです。そうなるとさらに悪い意味で自分と相反するキャラクター設定をされていくことでしょう。

これが、結果として「あの人は仕事ができない・何やってもミスをする」という周囲からの評価につながる場合もあります。

会社に行きたくない・辞めたい・逃げたいと思ってしまっているあなたはもしかしたらこんな状況に陥ってしまっているのではないでしょうか。

これは、職場のパワーハラスメントの可能性もあります。

会社に行きたくない・辞めたい・逃げたい。と思ったら。

あなたは、自分と反するキャラクターや人物像を一方的に設定されて、それが業務効率の著しい低下を招き、周囲から「仕事ができないレッテル」を貼られていませんか。

職場のコミュニケーション・環境は非常に重要です。

周囲から白い目で見られているような感じがしたり、冷たい目線を感じるようになったら、これらが破たんしている可能性があります。

会社に行きたくない・辞めたい・逃げたい。と思ったら、まず自分が置かれている状況を客観的に見つめなおしてみてください。

今の状況を、信用できる第三者に打ち明けてみるのも良いかもしれません。

会社や、職場のスタッフに対して激しい恐怖感・嫌悪感を持たれているようでしたらうつを発症するリスクもありますので、軌道修正が必要です。

軌道修正を今の職場でできるのか、それは別の環境なのか、自分を客観視してよく考えてみるのも良いかもしれません。

会社は、あなたの日常生活の大半を占める重要な場所です。そこに居場所を持てない環境であれば、それは今後の社会生活においてあまり良い影響をもたらすものではないと思います。

自分が受け入れられる会社・自分を受け入れてくれる会社は必ずあるはずです。会社は世に無数に存在します。

しかし、あなたの個性・あなたらしさはそうではありません。

自分らしさを発揮できる職場が、充実感を生み出し、苦労を乗り越えられ、そして社会貢献ができる場所であることは間違いないのですから。

仕事は辛いです。楽しいことよりも辛いことの方が多いかもしれません。楽しいと辛いを自分の中で調和できる職場環境が、適切な職場であるとリズムオンラインは考えます。

 

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 対人恐怖症, 転職・就活