【睡眠不足からくるうつ・情緒不安定】 育児中のママにもおすすめ♪良質な睡眠で睡眠不足を解消!過労・心労を緩和させる”4種の栄養素”とは?

      2016/06/22

Pocket

milk

時事通信社は1日に4時間半程度しか眠れない睡眠不足が5日間続くと、うつ病や統合失調症などの患者に似た脳機能の一部低下が生じ、情緒不安定になることが分かった。国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長や元村祐貴研究員らが健康な20代半ばの男性14人で実験し、米科学誌プロス・ワンに発表した。

と報じました。
不景気により、リストラや採用を控える動きを企業が見せている現状、残された人たちが莫大な裁量を抱えるようになり、毎日遅くまで残業していて睡眠不足を自覚している方は多いのではないでしょうか。睡眠不足で悩まれている人たちは仕事をしている人だけではありません。厚生労働省の調査では、25~34歳の女性の睡眠不足の原因のトップは育児のため。睡眠不足はあらゆる人が抱えている悩みでもあるのです。

睡眠不足が5日というと、ちょうど一週間ですね。土日は疲れきって終日寝たきり状態の人も少なくはないと思います。

しかし、週末の療養だけでは睡眠不足は解消されないとも言われています。

睡眠不足は蓄積されることで症状はひどくなり情緒不安定な状態に陥ると言われています。情緒不安定な状態とうつ状態は似ていてうつ病と密接な関係にあります。

睡眠不足はうつだけではなくあらゆる病気を発症させるリスクが高まるともいわれています。

今回はそんな睡眠不足を解消する短時間でも「良質な睡眠」を取るために必要な栄養素4種を紹介していきます。


良質な睡眠で睡眠不足を解消!過労・心労を緩和させる4種の栄養素とは?

良質な睡眠を確保するには、セロトニンというノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質を増やすことが大事なのですが、セロトニンを合成するのに必要な材料として、トリプトファンが挙げられます。

トリプトファンとはアミノ酸の一つで以下のようなタンパク質を多く含む食べ物に含まれているようです。

  • かつおなどの青魚
  • アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類
  • 納豆などの大豆製品
  • 牛乳などの乳製品

これらの食材を食事や夜食に取り入れて、短時間でも良質な睡眠が取れるように心がけてみてはいかがでしょうか。

睡眠不足からくる情緒不安定や疲労・心労が緩和されるかもしれません。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, 家庭の悩み