家族・パートナー(夫・妻)がうつ病・うつ状態になってしまったら!支えるあなたの負担を軽減させるための3つの方法。

      2016/06/22

Pocket

family

ストレス社会で悩みや心の問題を一人で抱え込みがちな現代。家庭を支えている妻や、経済を支えている夫が突然うつ状態・うつ病を発症してしまうケースも珍しくありません。うつ病と日常は隣り合わせです。

ある日突然、頼れるパートナーがうつ病と診断されたりうつ状態に陥ってしまった場合、あなたはどうされますか?

家庭は、妻と夫がそれぞれの役割を分担してお互いが協力し合いバランスが取れて成り立つものです。心の健康も、お互いがお互いを支え合うことで維持できているはずです。

バランスが崩れてしまったとき、負荷がかかる方に大きな負担がかかってしまうことは間違いありません。

家族・パートナーがうつ病やうつ状態を発症し、寝込んでしまったり、引きこもってしまったり、感情をコントロールすることができなくなってしまった場合、それが何日間も続くと、それを目の当たりにしているあなたは今後の生活に大きな不安と絶望感を抱き、もしかしたら離婚を考えてしまうかもしれません。

パートナーの苦しい状況に、はじめは優しい言葉をかけてあげられることができても、時が経つにつれて自分も限界状態となり、パートナーの苦しみが大きな心の負担になってしまい、安定した精神状態を保っていくのが難しくなってしまうからです。

その場合、うつ病・うつ状態のパートナーを支えているあなた自身の心のケアが必要となってきます。

パートナーがうつで役割を果たせなくなってしまったとき、大抵の人は覚悟を決めます。

「私が頑張らなくては」「私が支えてあげなくては」

勿論それは、うつを発症しているパートナーにとって非常にありがたい優しさで、そういった気持ちで接してくれるあなたを心の底から信頼することでしょう。

しかし、今までパートナーを支えながら生活をしていくことはあなた自身に相当の負荷がかかります。

はじめは頑張れるのですが、時が経過すると共に精神が限界状態に達してくることでしょう。なぜならこの状況での頑張りは自分に無理している状態で疲労・心労に繋がります。

この状況が長期化すると、コップに溜まる水があふれ出るように極限状態に達してしまいます。

頑張りすぎて、今度はあなたが過労や心労から発症するうつ状態になってしまうことだって珍しくはありません。

うつは連鎖するともいわれております。

その場合どうしたらよいか。ここでは支えるあなたの心の負担が少しでも消えるよう効果的な方法を3つご紹介いたします。


家族・パートナーがうつ病・うつ状態になってしまったら!うつを支えるあなたの負担を軽減させる3つの方法

 

1.うつで苦しんでいるパートナーを支えるために、自分自身の限界をしっかりと理解しておきましょう。

パートナーの役割を補い支えていくにあたって自分自身がどこまで耐えることが出来るか、あらかじめしっかり理解しておきましょう。がむしゃらに頑張ってしまうことで今度はあなた自身が心の病を発症してしまうケースがあります。ここまでは頑張ることができるけど、ここから先は無理。などあらかじめノートに書き出しておくのも有効的です。

 

2.うつは心の病気です。しっかりと療養・治療していけば治ることを理解しておきましょう。

うつ病や、うつ状態で寝込んでしまったり、引きこもってしまったりしているパートナーを目の当たりにしてしまうと、「このままずっと治らないのではないか」「一生支え続けなければならないのか」というような感情を抱きがちです。うつ病はしっかりと療養・治療をすれば緩和していく心の病です。快方に向っていくにつれてパートナーは再び以前と同じように日常を取り戻せるようになってきます。その間、あなたが支える期間は無期限ではありません。症状が重度でなければ、3ヶ月程度で復帰できるケースもあります。頑張りに終わりや休憩地点があることをしっかりと理解しておいてください。うつが完治してパートナーが復帰を遂げたとき、パートナーは以前よりも一回り成長を遂げているケースも多いですし、あなたに対する信頼・感謝も高まっているはずです。

 

3.自分のストレス解消法を見つけておきましょう。

うつ状態のパートナーを支えていく期間、あなたには相当の精神負荷・ストレスが加わることでしょう。溜め込み過ぎると今度はあなた自身が心の健康を維持できなくなってしまいます。その前に、しっかりと自分を見つめ直してあなたが癒される場所や心が休まる事を確認しておきましょう。

といっても、ストレス解消法をいきなり見つけ出すことは難しいとおもいます。

そこで、自分を見つめ直すことのできるシートを用意しました。質問に答えていくと普段見えなかった意外なストレス解消法、心の癒しが見つかるかもしれません。是非試してみてください。

 

あなたのストレス解消法を見つけ出すための5つの質問
  1. あなたが心癒される身近で簡単に行ける場所はどこですか?
  2. あなたは何をしている時に心が癒されますか?
  3. あなたの普段の生活の中で心が休まる時間はどんな時ですか?
  4. あなたの簡単にできる好きなことは何ですか?
  5. 誰といるときに心が安らぎますか?

いかがでしたか?1つでも記入することができたら、それがあなたのストレス解消法、癒しにつながるかもしれません。自分の時間をつくって実践してみてください。

以上、うつ病、うつ状態のパートナーを支えるにあたっての心の健康の維持方法です。うつ病やうつ状態で苦しんでいるパートナーは今、頑張りすぎてしまった心身を休めている状態です。あなたの優しい言葉や支えが回復、復帰において、一番の栄養剤になることは間違いありません。そのためにも自分自身のケアもしっかりとしながらパートナーと向き合っていきましょう。

パートナーと向き合って、支援・協力をするとき、あなた自身を理解しておくことも重要なのです。

 

 - うつの悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み