簡単!【うつ・うつ状態の気分転換】頭を軽くする3つの方法。

      2016/06/22

Pocket

water

うつ・うつ状態の時、特に発症間もない時期は心の起伏が乱高下状態で自分の感情をコントロールできないことが多いと思います。心労状態で自分の心の中の整理もつかず、無気力なまま布団の中にこもりっきりの方も少なくはないのではないでしょうか。

「行動を起こしたくない」「人と会いたくない」「何もしたくない」感情が溢れ上がる一方で、激しい孤独感・焦燥感、先の見えない不安感などに襲われてしまい、心の中では激しい葛藤と苦悩に襲われてしまう場面もきっと多いはずです。

そんなときは、具体的な原因や解決策がわからない状態ですので、見えない恐怖と葛藤している状態なのではないでしょうか。

うつは心の風邪です。一般的な風邪と同じでしっかり療養することで、それはゆっくりと快方へと向かっていきます。

今は、心に負担をかけないように一生懸命のんびりすることが大事です。自分の気が向いたとき、やりたいと思ったときにやりたいことをやってください。発症したばかりは、激しい心労状態なはずです。時間をかけて心の疲れをとってあげることが大事です。

これが、今までの日常生活を取り戻すための最大の近道だと考えます。

無理なこと、できないこと、やりたくないこと、自分にとってマイナスに働くものは排除して、自分の心が心地よく受け入れられることだけを受け止めて、ゆっくりと自分のペースで進めていくことが大事です。

特にご家庭をお持ちの方、ご自身がうつ・うつ状態になってしまい、それが長期間に及ぶと様々な問題が出てくると思います。

どうか、今はあまり焦らないでください。あなたにはあなたのペースがあります。ご家族に対しての配慮は大切ですが、病状を悪化させてしまうことは現状をより深刻化させてしまいます。ご自身の心のケアを最優先に、あなたのペースで、ゆっくりと回復に向けて歩み続けることが大切であると考えます。

会社員の方は、ある一定の条件を満たすと傷病手当が支給されるケースもあります。うつは深刻な社会問題でもありますので、これを活用し金銭的な問題から逃れて療養に専念されるのもよいかもしれません。

今回は、うつ・うつ状態の気分転換。頭を軽くするための3つの方法をご紹介していきます。


1.頭をフラットにして幼児向け教育テレビを見てみてください。

えっ?こんなことで頭が軽くなるのかな?と思う方もいらっしゃるかもしれません。幼児向けの教育テレビで放映される物語などは純心です。純心な心に触れて優しい気持ち・穏やかな気持ちを取り戻すということもうつの緩和につながるはずです。また、子供の声は不安感を緩和させる作用もあるといわれています。頭をフラットにして見てみるのもよいでしょう。幼児向け教育テレビは主に朝と夕方やっています。気が向いた時でよろしいですので試してみてください。

 

2.ジャスミンティーでゆったりとした時間を過ごしてみる。

ジャスミンティには不安感を和らげて、気持ちを明るくする作用があると言われています。ジャスミンには、鎮痛作用や、抗うつ作用、強壮作用か ら、更年期障害における諸症状などの緩和などもあるとされており、この香りを好きな人がかぐことによって、心拍数が低下して、副交感神経が活動するリラック ス効果を得る事ができると言われています。

 

3.日光浴・森林浴をしてみる。

どちらもリラックス効果が期待できます。外に出るのをためらってしまう場合は家の中で日が当たる場所でも構わないです。可能でしたらまずは会話をしなくてもいいので晴れた日に日光浴や森林浴をしてみるのも気分転換やリラックス作用につながるでしょう。

 

以上、うつ病・うつ状態の気分転換、頭を軽くするための3つの方法でした。

 

気分転換・頭を軽くさせるためには「何も考えないこと」が有効的。

深刻なうつ状態の場合、考え事をするとネガティブな方向に陥りがちです。また、初期の場合は頭も心も整理できていない状況ですので、その状態で考え事をしても一歩を踏み出すための結論を出すのは難しいです。

だから、一旦頭の中をフラットにして、ボーっとすることも大事なのです。

ぐちゃぐちゃになっている頭の中を空っぽにして、リラックス状態を保てる時間が長くなれば長くなるほど空っぽな頭の中に新たに生まれる発見や考えを入れ込み整理できます。

ぐちゃぐちゃな心の中を整理するよりも、一旦空っぽにしてみてそこから整頓を始めた方が簡単ですよね。なので、一生懸命のんびりすることが大事なのです。

リラックスしていたり、穏やかな気持ちの状態を心がけていた方が、今の状況が好転する確率も高くなるでしょうし考える力が戻ってくる日も早くなるのではないでしょうか。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 人生の悩み, 孤独な悩み