うつ・情緒不安定に効果あり!気分転換・頭を軽くして”不安感を和らげる”作用をもたらしてくれる”占い”。

      2016/06/22

Pocket

spiritual

“カウンセリング”と”占い”は両方とも人の深層心理と向き合うサービスである共通点があります。

カウンセリングや占いサービスの利用を、あなたの心が望まれるとき、それは心の奥に大きな悩み・心の問題、そして迷いを抱えているときなのではないのでしょうか。

その悩みをすっきりさせたいと思ったり、解決したいと思う気持ちが自発的に芽生えたときにどちらかのサービスを利用してみようかな~っていう気持ちになったりします。

カウンセリングや占いは現在も多くの人たちが活用している身近なサービスです。人には言えない悩みや心の問題・迷いを持っている時、人は心の緩和を求めるからです。

そして、カウンセリングや占いを通じて多くの人たちが背中を押されたり、悩みが緩和されたり、心のもやもやが取れたり、人生や生活を好転させるきっかけをつかめたりしているのも事実です。

占いには、うつ病・情緒不安定からくる”不安感を和らげる”気分転換・リフレッシュ作用があると言われています。

今回は、”占い”が発する心理効果についてお話ししようと思います。


これはある実体験に基づいたお話です。

 

A氏はうつ病から対人恐怖が発症し、乱高下する感情と葛藤しながら今後の人生に大きな絶望感を抱いている時期がありました。
昔からの言葉で「人生は山あり谷あり」とよく言われておりますが、その時のA氏はとても深い谷にいて自分ではどうすることもできない大きな壁にあたっていたのです。

A氏は大きな絶望感、焦燥感から死の感情さえも頭をよぎっておりました。

目の前の大きな壁を壊すこともできないし、正常な思考回路も保てない。激しい脱力感で何もすることができない。

そんな八方塞がりの状態で思い浮かんだのが”占い”だったのです。

当時は、カウンセリングという言葉もあまり普及していない時代でしたので、思いつきで試しに”気晴らし”という意味も込めて占いを利用してみることを考えました。

A氏は、自分の感情も整理できないまま、とりあえず無心で気の赴くままにインターネットで調べた小さな占いの館を訪ねてみることにしました。

周辺には神社があり、場所は神頼みという意味合いも込めて選んだとのこと。

到着後、神社で参拝してから占い師を訪ねることに。その日は平日でとても穏やかな陽気でした。
数カ月もの間、外へ出ていなかったA氏にとってはそれだけでも心が緩和されていました。日光浴はうつ状態の心のリフレッシュに有効であるといわれております。
小さな占いの館の扉を開けると、A氏以外にお客様はいなく、すぐに鑑定をしてもらうことができました。

生年月日や占ってもらいたい種別など、基本情報のヒアリングは3分程度で終わりました。
その時のA氏は、自分の願望として漠然と今後のことについて占ってもらいたいということだけしか伝えませんでした。

ここがカウンセリングと違うところです。カウンセリングはカウンセラーにできる限り多くの情報を伝えることから始まります。
占いは自分の基本情報と漠然とした希望をお伝えするだけなのです。カウンセリングは心理学に基づいておりますが占いは神秘的です。

心の病を患っていた当時のA氏は、問題を整理する思考回路を持っていなかったため、占いはちょうどよかったのかもしれません。

そして鑑定結果。
その内容はA氏の心に響くものでした。
自分の性格、そして今の精神状況などが見透かされた上で、今後の生き方についてのアドバイスを受けたのです。

深層心理を他人から伝えられることで得られる親近感・解放感も自分にとってプラスに働きかけます。

A氏はその時、自分の性格や人間性を見透かされたこと、そしてそれを言葉で表現されたことに対して強い”安堵感”を抱くことができました。
初対面の相手に、数分たらずで自分を理解されてしまったこと。激しい自己否定・自己嫌悪に苛まれていたA氏に対して肯定的な言葉をかけてくれたこと。
その上で自分の心が共感できるアドバイスをもらえたことに大きな包容力さえ感じたとのことです。

ぐちゃぐちゃになってしまっていた心を、占い師が語るワードとワードの点を繋いで、それが線となり整理ができるきっかけになったのです。

精神状態が不安定だとマイナスの言葉よりもプラスの言葉が心に入ります。

うつ状態にマイナスの言葉を受け入れるだけの余裕はありません。自分にネガティブなワードは聞き流してポジティブなワードだけに耳を傾けていくということが重要です。

A氏はたった20分/3,000円の占いサービスを利用することで、状況を好転させるきっかけをつかむことができました。共感できたり深層心理をくすぶる願望を”他人の言葉からもらえる”ことは心の緊張感や不安感をほぐす働きかけもあります。

占いはあまり自分から状況を伝える必要がない。人と話すことがあまりできない状態でも活用できます。

 

日本には多くの悩める方たちが占いによって不安感から解放されたり、人生を好転させるためのきっかけを掴んだりしています。

自分のことを全く知らない第三者から、心にすんなり入るアドバイスをもらえたりすると自分にプラスの作用を働きかけます。

占いの良いところは、必要最低限の情報を伝えるだけで済むということと、1回きりの利用で完結してしまうということです。

心をリフレッシュさせたい時や決断に悩めるとき、人生に絶望してしまっているとき、そんなときは一人で抱え込まないで気分転換の意味合いもかねて、占いを利用してみるのもよいかもしれません。

今では、占いは非常に身近な存在になっていてスマートフォンで無料アプリを配布していたり、有料でも数百円で鑑定してもらうことのできるサービスもあります。
是非お試しください。

辛口な占いは避けましょう。

 - うつの悩み, しごとの悩み, 人生の悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み