【パワハラでお悩みの方へ】 「死にたい」「消えたい」「逃げたい」会社のパワハラを克服するためのたった1つの方法。

      2016/06/22

Pocket

wood

いま、多くのメディアがブラック企業を取り上げてます。
夢や、希望、行動的な自分。やる気に満ちた自分。そういったポジティブワードを全方位的に押しつぶす、されてしまうのがパワーハラスメントです。仕事にやりがいを持つことができるかそうじゃないかは、職場での人間関係・コミュニケーションにかかっているといっても過言ではありません。人間関係は自分の人生を大きく左右させるほどの影響力があって、神秘的で〝残酷″です。

 


あなたは今、職場で”自分らしさ”を出せていますか?

 

生きる活力。日々のモチベーション。心の支え。成長。そういったポジティブな感情は人とのコミュニケーションから生まれるのではないでしょうか。

また、孤独感、絶望感、焦燥感。こういったネガティブワードも人とのコミュニケーションが要になるのは間違いないでしょう。

職場問わず、良好な人間関係の下で生活できるということは生きていく上で非常に重要なのです。

ですから、職場でパワハラやセクハラをはじめとする様々な人間関係が起因する社会圧力に頭を抱えている状況は非常に危険です。

パワハラに遭遇してしまい頭を抱えているあなたは今、

職場で「自分らしさ」を1ミリも発揮することができないのではないでしょうか。

パワハラは無条件に、洗脳的に、残酷なほど1方通行で襲い掛かって来るはずです。

言い返すことが全くできないほどの強烈な圧力に日に日に心をえぐられて、
人は、無気力になります。

組織という狭い世界は、絶望・孤独をさらに加速させます。

いま、何らかの事情でパワハラに遭遇してしまっている方。

どうか、気づいてください。

仕事のスキル、立場、責任感。それは2の次なのではないでしょか。

いま、最も重要なのは「自分らしさを取り戻すこと。」

偽りの自分にポジティブワードを感じることができますか。

本来の自分を見つめ直しててください。

  • 仕事に対するやりがい
  • 人生の生きがい
  • 笑顔
  • ちょっとした楽しみ
  • 冗談

 

本来の自分を発揮できれば、日々背負う心のダメージは緩和されるはずです。

パワハラは、自分の意思に反して自分のキャラクターを勝手にを定められてしまい、そして、洗脳されてしまうケースが多いです。

組織は狭いですので、その世界が狭ければ狭いほど、その速度は加速します。

自分自身のキャラクターを他人にきめられてはいけません。他人に大事な決断を委ねてはいけません。

 

自分らしさが少しも発揮できない会社で自分自身のスキルの向上、成長が見えるのでしょうか?

 

心の優しいあなたは、
パワハラに対し、少し反省の意を示して、圧力(相手)を自分の意に反しながらも受け入れてしまっているのではないでしょうか。

偽りの自分を少しずつ外して本来の自分を少しずつ出していくとが、克服に繋がるのではないかと思います。

それが、スキル、人間力、責任感の向上につながっていくのだと思います。

本当の自分の可能性は無限です。
他人が決めつけた自分に従うのは苦痛です。

本当の自分と向き合ってみてください。
パワハラをはじめとする社会的圧力はあらゆる可能性を潰す、残酷な行為です。従う必要もないですし、自分を責める必要もないし、許容する必要も全くないと思います。

「本当の自分」がすべてなのではないでしょうか。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活