【育児でお悩みの方】育児ノイローゼ・うつにならないために重要なのは、心のコンディションを良好に保つことです。一人で抱え込まないでください。

      2016/06/22

Pocket

child

閉鎖的な空間の中で、気分転換もできずに小さな子供と向き合い続けると、自分自身の精神状態は不安定になりがちです。

子供は小さければ小さいほど目が離せなく、一見周囲から休んでいるように見えても「いつ、何が起こるかわからない状態」が常に続きますのであなたの心の中は常に緊張している状態しょう。

一人で休息をとっている時と、子供が寝ている時間に休んでいるときの心境は全く違います。

一人で休息をとる時は自分だけのことを考えていればいいのです。子供が寝ている間にひと時の休息をとれたとしても心の底から休息することはできないでしょう。

日中も、就寝中も、常に心の緊張感がほぐれることが殆どない状態なのです。

これが初めての経験、第一子であるのであれば、それは尚更です。この状態が長期的に続くわけですから心身共に正常でいられるわけがありません。

これらに共感できるのは、子育て経験者、それを支えている理解ある夫となります。経験していない、苦労を身近で見ていない人たちには理解を求めるのは難しいでしょう。

ただ、各家庭での育児のやり方は異なります。子供には当然個性がありますので場合によっては経験者の方であってもその大変さを理解しあうことができないケースもあります。


子育ての本当の大変さは自分にしかわからない。産後のホルモンバランスや子供の個性はそれぞれです。

妊娠から出産までの道のりは大変です。また、それよりも長期的に続いていく出産後の育児も大変なのです。

世の中の一般的な家庭は出産後、休む間もなく育児に入らなければなりません。出産間もない時は出産前よりも気性が乱れがちです。しばらく情緒不安定な状態が続くでしょう。

産後のホルモンバランスの乱れも個人差がありますし、ご出産されたお子様の個性もそれぞれです。

なので、育児に対して感じる大変さも個々に違いますので、自分が感じる苦労を周囲に伝えても自分の経験と置き換えられてしまい、しっかりと伝わらず、それがあなたにとって更なる感情の落ち込みにつながる場合があります。特に、出産を終えて長い期間が開けば開くほど感じていた苦労は美化されていって、相談した結果「自分の方が大変だった」などという意見をもらうケースもあります。嫁・姑から発生する育児の考え方の違いはここから発生するのかもしれません。

育児ノイローゼという言葉がありますが、それは、閉鎖的な空間の中で四六時中子供と向き合う環境の劇的な変化によるものと、なかなか共感をもらえない周囲の環境の2つから発生していくものだと思います。

これは、多くの母親が悩んでいることなのです。だから育児ノイローゼという言葉が一般化されているのです。

育児ノイローゼ発症の要因はなかなか共感をもらえない周囲の環境の方が強いのではないかとリズムオンラインは考えます。

仕事と育児は苦労の内容が違うため、比較の対象に入りません。間違いなく言えることは劇的な環境の変化の中、子供と向き合っているあなたの今の方が辛い状況です。

育児には夫の理解と協力が一番必要だとリズムオンラインは考えます。

よく、仕事をしている夫が育児を軽視する発言を聞きますが、これは間違いです。夫婦はパートナーですからお互いの役割があって、そこに優劣はありません。

感じる苦労も違います。パートナーが苦しんでいるときに支えあうが夫婦の本来の在り方なのではないでしょうか。

稼いでいるから偉い、だから妻は口を出さないという考えは破たんしていますし、世間一般的に通用しません。だから、日本では熟年離婚という言葉が生まれたのです。

熟年離婚は夫と妻の優劣関係が明確で、仕事をしている夫が偉いという考えを持たれている家庭が夫が仕事を退職された際に妻の方から離婚を切り出すケースが多いです。

育児の悩み解決は妻の身体、心を含めた健康状態と大変さの理解・苦労の共感・協力です。

それを求めるのは一番身近な頼れる存在になれる夫なのです。

状況の劇的な変化は心身共に強烈に負担をかけます。育児はその代表的な例です。これらを乗り切るにはパートナーである夫がそれを支えていく必要があり、それは夫婦関係の中で最も重要なことであるとリズムオンラインは考えます。

夫は家庭を守るために仕事をし、妻は家庭を運用するために家事や子育て、経済を補うために仕事を行います。

この関係を完全に切り分けてしまうことはよくありません。お互いに辛い場面があります。そんな時は助け合う必要があるのです。

いまは、あなたが辛い局面にあることは間違いないはずです。

育児がつらい。と感じたら夫に理解・共感を求めましょう。

育児にたった独りで向き合っていると育児ノイローゼやうつを発症してしまうリスクがあります。常日頃から子供と一緒にいますが心は孤独なのかもしれません。

家の中、限られたネットワークというありとあらゆる閉鎖的な空間に子供と長期間一緒にいるわけですから、その大変さを夫に話せる環境ができるだけでもだいぶ負担は緩和されるはずです。

話ができる環境が作れればあなたの負担も緩和されることでしょうし、好転すれば夫の理解や共感を求められ協力に繋がる場合もあります。

 

育児に関係する事件がよく、ニュースなどで報道されます。共感できるようになったら危険信号です。

四六時中子供と向き合い、自分の時間もほとんどなく、心が休まらない。こんな状態が長期化すると精神は極限状態になることも多いです。そのストレスを子供にぶつけてしまい、さらに自分を追い込んでしまうケースだってあります。つまり、育児期はいつ子供を虐待してしまってもおかしくない状態で、事件と紙一重の中にいるケースも少なくはないのです。

そういう極限状態の中にいると、テレビで報道されている育児の事件などにも「わかる」と心の中で思ってしまうことがあります。

その状態は危険信号の表れです。虐待はいかなる理由でも行ってはいけません。ただし、紙一重なのです。

そうならないように、一番身近な夫の育児に対する理解・共感が必要なのです。

夫への育児に対する理解・共感の呼びかけが難しいようでしたら第三者を頼りましょう。

子供の出産期は夫が社会人として頼られている時期であって忙しいケースも多く優先順位に仕事を1番にもっていっている場合も多いです。

なので、夫に話を聞いてもらえなかったり、理解・共感が得られないケースも少なくはありません。

話ができない。育児の苦労の理解・共感が得られない状況はあなたの心の相当の負担でそれらがこの問題解決の一番のポイントになるかと思います。

話せる、理解・共感してもらえる友人が周囲にいるようでしたら頼りましょう。

育児の大変さは世間でも認められていて、それを打ち明けるのは決して恥ずかしいことでもありませんし、一般的な感情です。

周囲に、話せる相手がいるようでしたら独りで抱え込まずに打ち明けてみるのもいいでしょう。対面が難しいようでしたら電話やチャットでもよいと思います。

悩みや苦労を吐き出して理解や共感を得られることで心労はだいぶ緩和されるのではないかと思います。

カウンセラーに相談してみましょう。

公共機関が運用している機関を頼ってみるのもよいと思います。可能であれば育児の悩み相談を専門としている機関が理想です。

カウンセラーはあなたの味方になってくれるはずです。継続的に打ち明けていくという行為だけでも心労はだいぶ緩和されるのではないかと思います。

 

育児の悩みが極限に達する前に話せる相手を見つけましょう。

自分の苦労を話す相手がいない。理解してもらえない。のが一番つらいのではないのでしょうか。

子育ては孤独と隣り合わせです。子供が中心になりがちですがあなた自身の心の健康状態の管理が最も重要なのです。

孤独な環境にならないよう、話せる相手、理解してくれる相手を見つけることが大事だとリズムオンラインは思います。

 

 - うつの悩み, 家庭の悩み, 育児の悩み