【家庭内暴力(DV)でお悩みの方】DVは人権侵害であり、犯罪となりうる行為です。すぐに然るべき機関に相談し、悩みを打ち明けましょう。

      2016/06/22

Pocket

cosmos

家庭内暴力(DV)でお悩みの方、あなたの精神状態は今極限状態にあるのではないでしょうか。

ご飯はしっかりと食べれていますか?あったかいお風呂で、あったかい布団で寝ることはできていますか?コミュニケーションはしっかりととれていますか?一日の中で心の中から安心できる時間や空間はありますか?

これらは、あなたが当たり前のように得られる権利です。DVが原因でこの当たり前でごく普通の日常生活を送れていない状況であるのでしたら、すぐに然るべき機関に相談をされることをお勧めします。DVに関する問題は、国や公共機関、そして世間的にも当たり前のように受け入れられます。一般世間にDVを賛同する人はいないでしょう。

DVはどんな理由があったとしてもあってはならない行為です。どんな形であれ、日常的に暴力を振るわれていていい気分をする人はいないはずです。暴力を受けると心と体に大きな傷を負います。社会から外れた小さな世界の中で常識と遥かに異なった行為を受けているあなたには、すぐに第三者の協力・支援が必要であると考えます。

DVは受けている本人だけではなく、お子様がいるようでしたら子供にも重大な影響を及ぼす可能性もあります。子供の目の前で配偶者に暴力をふるうことは、児童虐待に当たるはずです。両親の暴力を目の当たりにすることで子供の心には深い傷がつきます。


DVは身体的な暴力だけではありません。

DVの一般的なイメージは、暴力ですがそれだけではありません。

相手の心や体を傷つけ、支配しようとする行為もDVに当たります。これらを受け続けることによってあなたの体も心も極限状態に陥り、非常に危険な状況となります。

心身共に早急なケアが必要なはずです。

 

DVは決してあってはならない行為です。日常的に行われているのであれば、それはあなたにとって非常に危険な状態です。すぐに公共機関に相談をされることをお勧めします。

 

暴力・心の支配は場合によっては犯罪となります。それが、たとえ結婚相手でも子供でも・・・・ 社会的にも絶対に許してはならない行為です。

近年では、男性が被害にあうケースも見受けられます。このページをご覧になられている男性の方もそれに該当するのであれば非常に危険な状態と察しますのですぐに公共機関へのご相談をお勧めします。

包み隠さず、ありのままをそのまま伝えることですぐに理解・共感を得られて、その状況を問題視してくれるはずです。

市区町村などの役所でも積極的に問題解決に向けて相談窓口を開設されている場所も多々見受けられますので、まずはお住いの役所に相談してみることをお勧めします。

打ち明けることによって、安堵感・緊張感の緩和も見込めますし、あなたのこと、子供がいれば子供のことを最優先に心身共にダメージが少ない解決策を一緒に考えてくれるはずです。

 

自分がDVに合っていないと間違って思い込んでしまっているケースも多々。DVを行う側に見受けられる代表的な特徴を記載しておきます。

  • 外面は非常に温厚で優しい人柄
  • 暴力をふるった後に優しい言葉をかけたり、暴力と優しさを巧みに扱う。
  • 自論が強く相手を洗脳してしまう。
  • 相手を人間だと感じず物と思ってしまう。だから暴力をふるった後に優しい言葉をかける行為をする。

などがあげられます。外面が良いという特性があることから外部にはDVが行われている事実に気づかれにくい。また、暴力と優しさを使い分けながら進行していくのでDVの受け手となる被害者は洗脳されやすく独りで問題を抱え込んでしまっていたり、自分自身がDVの被害にあっているという事実に気づかないケースもあります。

アザができたり外傷を伴うような暴力が日常的に行われているのであればそれはDVの可能性が非常に高いと思われます。

様子を見ても解消されていく可能性はほぼ見込めないため、リズムオンラインは然るべき機関にすぐに相談をされることをお勧めします。

 

 - 人生の悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み