【離婚問題】パートナーとの性格・価値観の不一致・理解しあえない。いま離婚したいと思っている人、決断をするのは最後の最後!

      2016/06/22

Pocket

think

結婚相手との価値観の違い、性格の不一致等の理由で「離婚したい」「離婚を考える」「離婚を真剣に検討する」などと思ったことは誰しもが経験されているのではないでしょうか。

現代の日本の結婚率は減少の一途をたどり、逆に離婚率は上昇の傾向にあり、世間でも以前よりも離婚に対して寛容になってきた気がいたします。

離婚が頭をよぎる時、それは結婚仕立ての新婚時期、妊娠したとき、出産したとき、失業などお互いの生活環境に大きな変化が生じたとき。

離婚は人生においてプラスに働く場合もマイナスに転じる場合もあります。

この問題は、今後のあなたの人生を大きく左右する重要な問題です。だからこそ、その場の感情に流されずにじっくりと考える必要があるのです。


離婚を決断するのは最後の最後。この問題はできる限り回答を出すまでに時間をかけて自分と相手を見つめ・向き合うことが重要です。

「離婚しよう」という言葉を口にするのは最後の最後なのではないでしょうか。

「結婚という人生において大きなの決断を二人で行った。」という行為にはとっても大きな理由と意味があるはずです。離婚を決断する前に、相手について、その後の人生について、そして自分についてしっかりと考えることが必要です。感情的になってしまいその場で離婚を切り出してしまった場合、後に間違った選択をしてしまったと後悔してしまったり、その後の人生を棒に振ってしまったり、お互いに良い方向に向かない結末を迎える可能性もあります。

だから、どちらにしても後悔の無いように十分に検討したうえで心の底から納得できる結論を出していく必要があるのです。

これは、精神的にも体力的にも疲弊しますが、ものすごく重要なことですので自分と相手をしっかりと見つめなおして、向き合うことが大切なのです。

ただし、これは性格の不一致やお互いの理解不足など価値観の不一致から生じるケースに限るのかもしれません。いずれにしても時間をかけて検討していくという行為は重要だとは思いますが、DVやお金が関わる法に触れるようなことが家庭内で生じていたり、日常生活を送るにあたって現実的に大きな支障をきたしているような場合は然るべき機関に協力を依頼することも必要な場合があります。このようなことも踏まえると、第三者の客観的な視点や意見を取り入れていくことも重要だと考えます。

また、独りで考え込みすぎてしまうと孤独感や絶望感などの葛藤からうつ状態に陥るリスクもありますので注意していく必要もあります。正常な思考回路の中、良い意味で冷静に考えていくことが後悔しない決断となるのではないでしょうか。置かれている状況も大変と察しますが、できる限り良好なコンディションの中で問題解決に向けて取り組みを行っていくことが大事です。

 

離婚問題は、自分と相手を客観視してくれる第三者がいると比較的状況は好転しやすいのも特徴です。

離婚は、家庭をお持ちの先輩にあたる方であれば誰しも一度は頭によぎること。

他人同士が籍を入れて一緒に生活を共にすることは想像以上に難しいことです。価値観や性格など、相手のあらゆるところを受け入れて調和して、そしてお互いに歩み寄って安定した結婚生活を送ることができるのではないでしょうか。同性に相談すると大きな共感と的確なアドバイスをもらえるケースが多く、これにより冷静な感情を取り戻し状況が好転するケースも多々あります。

悩みを打ち明けることによって、心労状態が緩和される効果も期待できます。

相談できる相手が多ければ多いほど良いと思うのですが、

離婚経験者の方、そうでない方もいらっしゃると思います。異なる経験を持っている方の意見を参考に自分の中で整理して問題と向き合っていくと、後悔の無い問題解決を迎えられるのではないでしょうか。

離婚を決断されたとしても、そうでなかったとしても限りなく後悔のない決断をするべきなはずです。

離婚問題は必ずしも相手にばかり非があるわけではないはずです。

勿論これは価値観の相違に該当するものです。離婚願望が芽生えている時は相手の非を責めがちです。

問題には必ず原因があります。そのためにも客観的に自分を見つめなおして、自分に悪かったことはないのか、自分自身が変われば、成長することができれば状況が変わるのではないか。など今はまだ結婚をしている状況なのですから相手を想いながらちゃんと考えていくことも必要なのではないでしょうか。

歩み寄ることで解決する問題もありますし、理解してもらうことで解消する心の溝もあるはずです。

 

決断は慎重にしましょう。

離婚は、お互いの今後の人生に大きな影響を及ぼします。理由やプラスの意志があって結婚したのですから、離婚を考えるときには自分と相手とちゃんと向き合う必要があるとではないかと思います。

どっちにしても決断をするのには納得できる理由が必要で、それに自分と相手がお互いに共感できれば後悔する可能性は低いのではないでしょうか。

できるだけ感情論に流されないためにも第三者の意見が必要で、できるだけ自分と相手を客観視して向き合うべきだと思います。

価値観のズレは生じます。ですが、それを互いの歩み寄りや思いやる心によって”調和”させることは可能でなのではないでしょうか。それは話し合いかもしれませんし、年月かもしれません。

最終的に下した決断があなたとお相手にとって、プラスの方向に転換されることをリズムオンラインは心より願っております。

 

 - 人生の悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み