【人と会うのが怖い・人と会いたくない・一人になりたい】うつ・対人恐怖でお悩みの方へ。無理をしないで少しずつ免疫をつけていきましょう。

      2017/05/11

Pocket

tulip

対人恐怖を克服していくためには、人と関わっていく行為をしていく必要があります。人と関わることなくして好転していかないのが対人恐怖症だからです。
対人恐怖は様々な要素が起因して発症する心の病です。すでに医療機関で通われている方もいらっしゃると存じますが、それもまた人との関わりあいです。その担当医をあなたが信頼できるのであればそこで発生するコミュニケーションを大切にしてください。

対人恐怖感情はすぐに好転するものではありませんので、ゆっくりと、自分の歩幅で向き合っていく必要があります。


対人恐怖でお悩みの方。人とのコミュニケーションの取り方を見つめなおしましょう!

状況好転のためには、自分にとってマイナスに働くと思われるコミュニケーションを排除していくことを心がけましょう。あなたの心は疲れ切っています。これ以上負荷をかけるわけにはいきません。

ただし、その中でもあなたを心の底から心配してくれる人においてはじっくりと考えてください。

  • 両親
  • ご家族
  • パートナー(結婚相手)

などがそれに該当します。この人たちはあなたのことを心の底から心配し、あなたのことをしっかりと考えてくれている可能性が高いです。一緒の時間が多いからこそ生じるマイナスな一面もあるかもしれませんが、それはあなたのことを本当に想ってくれているからこその場合が考えられますので、関わりあいは大切にして欲しいのがリズムオンラインの願いです。なぜならあなたの状況好転のきっかけになる可能性が最も高い人たちだからです。

対人恐怖はうつ状態からの併発ケースが多く見受けらる心の病です。うつが原因で引きこもってしまう人、多いです。一度、人との関わりや接触を絶ってしまうと面識がどんどん薄れてしまい、人と会う行為自体が怖くなってしまったり、逆に自分が人と会った時に他人を傷つけてしまうような発言をしたり、自己嫌悪に陥ってしまうような行動を恐れてしまうようになり、どんどん恐怖感は増していきます。

なぜならうつのほとんどはマイナスに働いた人とのコミュニケーションから発症するものだからです。

人との関わりあいを絶ち、家に引きこもっていると激しい孤独感に見舞われます。時間だけが空しく過ぎていく空虚な日々に、社会においていかれてしまう焦燥感で苦悩する毎日が続いているのではないでしょうか。

この状況を少しずつ好転させていくためにも、いまはマイナスに働くコミュケーションを排除していく必要があります。

今のあなたにとってプラスに働くと思える人たちとのコミュニケーションを大切にしてください。

会話も対話でなくて構いません。メールでもチャットもコミュニケーションです。これらは対話と同じように言葉のキャッチボールが生じます。

優しさ、思いやりに触れる努力をしてみてください。

晴れた心地の良い陽気の日。外出を考えてみてはいかがでしょうか。

自宅から10~100メートル付近でも外出です。日光浴は心を癒す働きかけをする作用があります。近くに公園などの公共施設があれば何も考えないので良いのでそこに座ってみてください。

そよ風に揺れて音を立てる木々。そこから入ってくる木漏れ日。都会・職場のストレスがたまる雑音とは違う環境がそこにはあるはずです。

自然に触れること。これも優しさ、思いやりに触れる行為であると思います。心が穏やかになると自分に優しくなれます。

会話のキャッチボールがなくても対話を感じてみてください。公園で遊んでいる幼児や赤ちゃん。ゆったりしながら会話をしている高齢者の人たち。見ているだけでもそこには優しさや思いやり、純心があります。

心地よい陽気の中で、穏やかな環境に触れると、次第に心が和みます。これだけでもだいぶ違うはずです。

自分に優しさや、思いやりの気持ちが芽生えてくると心がほぐれてゆっくりとプラスに働きかけるようになります。そういった穏やかな気持ちで少しずつ日常を過ごしていくことで、心の病は緩和されていき、少しずつ前進していくのではないでしょうか。

無理をしないで、気が向いたときに試してみてください。

穏やかな気持ちになれること。そうすることで相手にも優しさや、思いやりを伝えることができるようになってくるはずです。

プラスに働くことをどんどん受け入れて一歩ずつ好転のきっかけを作っていきましょう。

対面は難しい方向けのメールやチャットによるカウンセリングサービスもたくさんあります。

世の中の大抵のカウンセラーはあなたの味方になってくれます。

味方になってくれて、あなたに共感してくれる人とのコミュニケーションは、あなたにとってプラスに働きかけるはずです。

カウンセリングサービスを利用してみるのもよいでしょう。ただ、カウンセラーとの相性もあります。利用してみてあなたが不快に感じるようでしたらそれは、あなたにとってマイナスに働きかけますので、一旦やめる、違う人からカウンセリングを受けてみるなどして、プラスに働きかけるコミュニケーションを意識しながらゆっくりと進めていきましょう。

世の中は悪意に満ちきってはいないはずです。優しさや、思いやりなどの純心はあなたが思っている以上に知らないところで発生しているはずです。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, 人生の悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み, 対人恐怖症 , ,