【診断】どこからがパワハラ?境界線が見えにくいパワハラを可視していく代表的な6つの行為。

      2016/06/22

Pocket

karte

まずはパワハラを理解しましょう。

職場のパワーハラスメントは、同じ職場に働く人に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与え、職場環境を悪化させる行為です。

精神的・身体的苦痛を被ることで心の健康を害し、思考回路の衰えを加速させ、やがて正常な判断をすることができなくなります。

職場のパワーハラスメントを受けている状態は、うつと常に隣り合わせで危険な状況であると考えます。


必見!これが、職場のパワハラの代表的な6つの行為です。

暴行・障害(身体的な攻撃)

これは、直接的に暴力を受けたりする行為です。

 

脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)

人格を否定したり、学歴による差別を受けたりするのが一般的な例です。

 

隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)

いわゆる放置状態。会社にいるのに一言も会話ができなかったり、お昼を毎日一人ぼっちで食べなければならなかったり、明らかな切り離し行為が一般的な例になります。

 

業務上明らかに不要なことや追行不可能なことの強制、仕事の膨大(過大な要求)

会社が規定する労働時間内では絶対に収まることのできない無理なノルマの設定や要求を意図的にされることが一般的な例になります。

時間外労働の強制などもパワハラに入る可能性が高いです。

 

業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない(過小な要求)

意図的に熟練の経験者に軽作業をやらせたり、雑用を命じられたりすることが一般定期な例になります。

 

私的なことに過度に立ち入る(個の侵害)

仕事と関係のない飲み会や行事の参加を強制させたりすることが一般的な例になります。

 

以上、一つでも当てはまる要素がありましたでしょうか。もし該当する項目があって、それがあなたにとって相当心に負荷が掛かっている状態であれば、パワーハラスメントである可能性が高いです。

パワーハラスメントは、入社・部署異動・転職したばかりなど事の始まりに発症するケースが多く見受けられます。

パワハラは深刻な社会問題です。もし、あなたがこの問題に立った独りで葛藤・苦悩しているのであれば

  • 家族
  • パートナー(結婚相手)
  • 信頼できる職場の上長・仲間
  • 職場の人事部署
  • 職場とは全く関係のない仕事の相談を専門としている公共機関
  • パワハラ・セクハラなどの悩み相談を専門としている産業カウンセラー

などに打ち明けてみてください。相談することによって状況の悪化を防ぐ・状況を好転させるきっかけになる可能性が高いです。

くれぐれも独りで抱え込まないように注意ください。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ