入社した会社がブラック企業!?話と全然違う!3カ月しかたってないけど辞めたい、転職したい。こんなときどうする?

      2016/06/22

Pocket

business

夢と希望を抱き転職をしたのだけれども実際に入った会社の中身はひどかった。全く自分に合わない職場で毎日が苦痛でしょうがない。

入社して間もないけどもう退職したい、転職を考えている。前の会社を辞めなければよかった。

というケースは決して珍しくありません。これは、仕方がないことなのです。

それは、仕事選びの根幹は職場環境だからです。

やりたいことが実現できる会社に入社できても、人間関係が劣悪であれば成立しません。

一方的に合わない。と言い切ってしまうのもあまり良いことだとは思いませんが、努力した結果、職場環境になじむことができなければそれは苦痛の何物でもないでしょう。

職場環境に値しますが、会社には独自のスタイルがあります。それを面接・面談の段階で見抜くことは非常に難しいです。

なので、このようなケースに陥ることが多いのです。

正論をお伝えすると、会社、そして会社のスタッフは新卒・中途関わらず新人さんには一日も早く輪の中に入って、やりやすいような環境を作るよう努めなければなりません。

逆に新人さんは早くなじめるよう積極的にスタッフの皆さんとコミュニケーションをとっていく必要があります。

こういった互いの歩み寄りが結果として仕事の対価に結び付き、その積み重ねが会社の成長・スタッフのやりがいに繋がるのだと考えます。

ですので、いま、この大きな壁に当たってしまっているあなたに伝えたいことは、

職場環境に馴染むための努力をしてきたか。を振り返ってほしいのです。

もし、怠っていたのであればチャレンジしてみるのも状況の好転のきっかけになるのかもしれません。

就業時間・社則・職務内容等、様々な要因があって今があると思うのですが、根幹は人間関係・職場環境なのではないでしょうか。

好転するよう働きかけをしてみるのも重要なことだと思います。


努力をしても今の職場が苦痛でしょうがない。些末に扱われる。やっぱり辞めたい。逃げたい。

努力をしても、思いが変わらないのでしたら退職・転職を考えた方がいいと思います。

日常生活ほとんどを会社で過ごします。その場所が苦痛でしょうがないのであれば、そこはあなたの居場所ではないのかもしれません。

苦痛な状態が続くと、それはやがて疲労・心労に繋がり心の健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

大切なのは自分です。セルフコントロールができず、どんどん負の方向に流れてしまっては長くは続きません。

苦痛な要因は多々あると思います。パワハラ、セクハラ、放置、暴言等々、環境を苦痛と感じそれを評価するのはあなたであって会社ではありません。そういった意味でいうと会社の言うことはすべて正というわけではないのです。ダメ人間呼ばわりされても、逃げるといわれても、苦痛であなたの心に大きな溝が開いている状態が続くのであれば退職を考えた方がよいと思います。

大切なのは自分ですから、自分らしさを1ミリも発揮できない職場環境であれば、我慢しながら努力をし続けていても花が咲く可能性は低いのではないでしょうか。

だからと言って早々に決断してしまうこともあまり良いとは思いません。将来的に前向きな可能性を見出せたり、居場所(心落ち着けるスタッフや上司)があるのであれば相談してみてもいいかもしれません。

職場の問題は複雑です。だからじっくりと考えて行動する必要があるのです。

相談できる相手がいるのでしたら、独りで抱え込まずに打ち明けてみても良いと思います。自分と会社と徹底的に向き合うことが今後の社会生活においても重要な過程でもありますし、もしかしたら解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

第三者機関に頼ってみるのも一つの手段です。

ブラック企業というワードが一般化してから、多くの公共機関が仕事の相談窓口を設け始めています。

無料で相談できる機関も多いですので、独りで悩まずに第三者の機関に悩みを打ち明けて客観的な意見をもらうのも重要な過程だと思います。

 

ただし、これらの症状がすでに表れてしまっている状況であれば話は違います。

  • 食欲の大幅な減退
  • 吐き気を催す
  • 土・日がお休みなのに金曜終業後から月曜日のことが苦痛でしょうがなくなる。
  • 突然涙が出てしまう
  • 思考回路が全く働かない
  • 人と話すのが怖い、手が震える

もし、あなたがこのような症状が出てしまっている状況でしたら危険信号です。

すぐに然るべき医療機関に診察に行かれることをお勧めします。過度な心労状態で早急な療養が必要な状態であると思います。

せっかく入社した会社ですから、会社に馴染めるように努力することも重要です。

ですが、自分自身が一番大切なのです。そこだけは忘れないでください。

元気な自分ほど、可能性は無限に存在すると思います。どんな状況だって元気であればやり直せるはずだと思います。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 対人恐怖症, 転職・就活