会社からの急なリストラ・解雇!?路頭に迷う絶望状態。最悪の事態にならないためにとるべき行動とは?

      2016/06/22

Pocket

sigoto

現代の日本の雇用体質は最悪です。契約社員や派遣スタッフが年々増し、終身雇用という長年の習慣が破たんしつつある現状、いきなりのリストラ・解雇・悪意のある異動勧告はもはや珍しいことでもありませんし、多くの方がそれに直面し苦悩し、再出発に向けて葛藤しております。正規雇用社員ですら完全に守られている状態ではないのも事実ではないでしょうか。

今まで当たり前のように過ごしていた日常が、大きく変わる。

環境が負の形で変わると心の健康に大きな影響を及ぼします。リストラはそれに該当します。


リストラ・解雇勧告を恥じる必要はありません。直面した際には今の自分ができることから見つめなおす行為が重要です。

ある日突然職を失ってしまったとき、激しい疑問・絶望感と葛藤することでしょう。

ご家族がいらっしゃる場合には、なかなか事実を打ち明けることができずに日付だけが過ぎてしまうケースだって珍しくはないはずです。

終身雇用制度は働くサラリーマンにとって、守られるべき最大の権利であった時代も過ぎて、今では完全実力主義の会社も多く、会社の都合・好みで割と簡単に見切りをつけられてしまうのが現実です。

今のあなたは、それを痛感しているのではないでしょうか。

ですが、焦るのはやめましょう。リストラ・解雇は恥ずかしいことではありません。自分の仕事に対する価値観を変える機会と考えた方が良いと思います。

現代社会を前向きな視点で見ると、今、仕事のやりかたはたくさんの選択肢があります。

結果、それが、会社員でも、企業家でも、契約社員でも、アルバイトであっても優劣はないと思います。

大切なのは、今の自分に何ができるかを再度見つめなおすことなのではないでしょうか。

何ができるか。を見つめなおすことができれば再出発の準備が整います。

焦燥感があっても焦りは禁物。自分を見つめなおすための時間を療養期間としてとることをお勧めします。

急なことですから、すぐに動かないでできる限り療養をとって、ゆっくり考える時間を設けることをお勧めします。

リストラ・解雇に直面したばかりは、心労も激しい状態であると思いますのでパートナーがいらっしゃるのであれば正直にその旨を打ち明けるのがよろしいのではないかと思われます。

まずは心労を癒してください。心身共に疲れ切っている状態では前に進むことは難しいです。逆に十分な療養をとられてから再出発に向けて動かれたほうが、それが結果的に良い方向に進行していくケースが多いと私は考えます。心が癒されれば、自然と身体の疲れもとれてきます。

今の自分にできることを見つめなおすことで、社会人として何をするべきかが見えてくるはずです。

何をするべきかが見えてくると、次は何をやりたいのかが見えてくるはずです。

心をフラットにしながらゆっくり考えることで自分の本心・本質と向き合い、再出発もスムーズに進行していきます。

なぜなら、これらの過程を踏むことで焦った無作為な再出発でなくなるからです。

難しい言葉ですが、ちゃんと戦略を立てて戦術を実行していくことが再出発のための最良で最短距離だと思います。

だから、療養は大事なのです。

苦境に陥った時こそ、落ち着くことが大事です。

身体が動いても心がついていかなかったら、それはうまくいきません。

次の道が、会社員でも、企業家でも、契約社員でも、アルバイトであっても、私はそこに優劣はないと思います。

将来を見据えた、そして自分に合った納得できる再出発をリズムオンラインは心より願っております。

 

 - しごとの悩み, パワハラ・セクハラ, 転職・就活