【うつ初期状態と感じる方へ】うつは恥ずかしいことではありません。外的要因の強い心の風邪です。心のケアをしていけば緩和されます。

      2016/06/22

Pocket

healing

ストレス社会の日本ではうつを抱えながら心の問題と葛藤している人たちが大勢いらっしゃいます。

うつの初期状態の特効薬は睡眠です。あなたは、心身共に疲れ果てているはずです。

そんな時に無理をし続けてもいつか心も身体も崩れてしまいます。まずは十分な睡眠をとって、心身共に癒してあげることが重要です。

自分が毎日就寝している場所。そこが一番リラックスできる場所なのではないでしょうか。

責任感・明日のこと・恐怖感・自己嫌悪...... いま、あなたにのしかかっているすべてのことを頭の中から捨てて、空っぽにして睡眠をとりましょう。

自分がうつなのではないか。と感じたその瞬間、心身共に極度に疲れ果てているケースがほとんどです。

自分自身が感じたときは、気づかないうちに自分に相当の無理をさせてしまっている場合があります。

その要因の大半は環境によるものです。

自分にとって合わない環境で生活をし続けるとどんどん悪化していきます。

時には「逃げる」ことも人生において重要な決断となる場合もあります。自分自身の心のケアをしてあげることは生きていく上で重要です。

人生は長いのですから。

身体も重要ですが、心労の方が根深いです。心のケアを最優先に疲れている自分を癒してあげることは大切です。


うつ発症の原因と対処法について

うつ状態に陥ってしまったり、うつ病が発症してしまい心の健康状態が悪化してしまう時には必ず原因があります。うつになりやすい人の性格は温厚だったり責任感が強い傾向があります。

うつは様々な要因が複雑に絡み合って発症してしまう心の風邪ですが、発症の原因は「頑張りすぎ、自分に無理をさせ過ぎている」ケースがほとんどです。

そんな時の対処法は

頑張らないこと・無理をしないこと

なのだと思います。うつで悩まれている方のほとんどが生真面目で、責任感があり、そして誠実で、その人間性・人間力は今の社会に必要なはずです。

頑張らない・無理をしないということは、自分の限界を知ることもできます。

世の中は悲しいことに生真面目で責任感がある人が苦労をするように構成されているように思えます。

だから今は、頑張らない・無理をしないことが大切です。

うつは十分な療養と心のケアが必要です。

うつと感じていながらも心のケアを怠ってしまい、放置し続けてしまうと、やがて自分自身の感情もコントロールできなくなり自己嫌悪に陥ります。

悪化させてしまう行為はすぐに止めるべきです。

うつ状態の緩和は十分な療養と心のケアが必要です。そうすることで徐々に頭の中が整理できて前向きな感情が生まれてくるようになります。

心のケアは自分を認めてあげる行為です。そして自分と向き合って自分の限界を理解していくことでもあります。自分を知ることで自分に合った生き方、リズムを見つけることが徐々にできるようになって以前よりも良好な社会生活・日常生活を送ることができるようになるのです。

今までは、自分の心の限界を知らないのに他人の心の限界をカバーしていたのではないでしょうか。

もっと、自分を大切にしてあげてください。

うつは決して恥ずかしいことではありません。ただの心の風邪です。ゆっくりと療養して心のケアをしてあげれれば状況は次第に好転してくるはずです。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, 人生の悩み