注意!モラハラ夫に悩まされる育児ママと専業主婦[亭主関白]

   

Pocket

日常生活を送るうえで自分ばっかり責めてしまったり自己嫌悪に陥ってしまっている奥さま、多いです。

大変なのに理解されない。それどころか一方的な価値観を押し付けられたり、意見を聞いてもらえなかったり・・・

仕事と主婦は役割が全然違うのに、役割が違う中でそれぞれが成長していてその中で得られる価値観も全く違うのに。

夫婦は上司と部下の関係ではなくてパートナーなのに・・・

仕事と家庭を混在させてしまっている旦那さま、多いです。

家庭は、お互いがお互いの価値を認め合って二人三脚で生活していかないとどちらかがつぶれてしまいます。

間違いなくどちらかが我慢して生活していかなければならない状態になります。

家庭を良好な状態に保っていくこと、育児をしていくこと、これらは互いの助け合いや認め合いが大切で、そのバランスが崩れてしまうと徐々に夫婦関係が悪化していきます。

家庭は夫婦共に心が落ち着く拠り所でなくてはなりません。


近年、モラハラ夫という言葉がよく使われるようになりました

「仕事をしている=お金を稼いでいる=家庭を自分が支えている=自分は偉い・正しい」

こんな法則が旦那さまの中で一方的に成り立っている場合があります。自覚はなくても態度や行動に出てしまっている場合があります。

仕事が最上位のステータスで、日々大変な思いをして培った経験や価値観は家庭の中でも絶対と思っている場合があります。

仕事以上に大変なことはないという考え方ですね。

そんなはずはありません。

今あなたが受けている言動や行動は、もしかしたらモラハラかもしれません。

旦那さまのこんな言動や行動に思い当たる節はありませんか?

  • 自分の意見が絶対だと思っていて意見を聞いてもらえない
  • 自分の価値を無理に押し付けようとする
  • 意見を言おうとすると、逃げ道がなくなるくらいものすごい言葉責めで勝手に論破されてしまう
  • 存在価値や今までの人生さえも否定されてしまう
  • どんなに悪くても絶対に自分の非を認めてもらえない

これが、モラハラ夫の代表的な特徴です。

モラハラ被害にあってしまう奥さまは自覚症状がないのがほとんどです。

お金を稼ぐ側の意見がすべてが許されるわけがありません。

夫婦なのですから日常生活を送る中でお互いがお互いに経験を積んでいるのですから、その立場関係は絶対敵に対等でなくてはなりません。

仕事上で発生するストレスや願望を家庭内で思いっきり発散されてはたまったものではありません。

仕事は大変ですが、同じように主婦も大変です。

近年、モラハラ夫という言葉がよく使われるようになりました。

表面からは幸せそうに見えても、実際にはモラハラ夫に悩んでいる奥さまがたくさんいるからなのです。

我慢をし続けて旦那さまのことを受け入れ続けていれば旦那さまは快適な毎日を過ごすことができるでしょう。

ただ、あなたに日々のしかかる精神的なダメージは計り知れません。

苦しいのであれば独りで抱え込まないで周囲に相談してみましょう!

周囲の客観的な意見は色々な気付きを与えてくれたり、安堵を与えてくれたりする場合があります。

また、打ち明けることで心の負担が緩和される場合もあります。

打ち明ける相手は信頼できる友人や同じような悩みを持ってそうな友達がおすすめです。

一見幸せそうに見える家庭でも思っている以上に同じような悩みを抱えている奥さま、多いです。

同じようなワードでインターネットで検索してみると、同じ悩みを抱える内容がたくさん出てくるはずです。

同じような悩みを抱えている人たちとインターネット上で会話をするのも有効的です。

我慢をし続けることは心身ともによくないですし、後でものすごい勢いでその我慢が爆発してしまう場合があります。

日々のストレスは日々消化していくことをおすすめします。

主婦、育児は大変です。

当たり前の毎日を当たり前に過ごしていくこと、難しいです。

 

それは、一時手伝ってもらっても到底理解できるものではありません。

毎日、毎日考えながらこなすことが大変なのです。ちょっと手伝って「なんだ・・・簡単じゃん」とか言われてしまったときはものすごい怒りを覚えるでしょう。

あなたが積み重ねてきた家事・育児を同じように継続してこなしていくことは、旦那さまにはまずできないでしょう。

だから、自信を持ってください。モラハラ夫のペースに巻き込まれないでください。

 

 

 - うつの悩み, 孤独な悩み, 家庭の悩み, 死にたい悩み, 育児の悩み , , , ,