うつ状態(パニック・死にたい・孤独感)を感じる方へ。1人で悩まないようにして下さい。

      2016/06/22

Pocket

 himawari

あなたは今、自分ではどうにもできない心の問題をたった独りで抱え込んではいませんか?

日々変動する感情、死にたいと思ってしまうくらい辛い悩み、消えてなくなりたいとまで思ってしまうような自己嫌悪。

これらの感情を、一人で抱え込んでしまうことは決して良いことだとは思いません。

ストレス耐性が極めて高い日本社会には、同じような悩みを抱えて苦悩している人々は想像以上にたくさんいます。

心労状態に陥ると、普段から持っている自分自身の元気な思考能力が鈍り時に間違った判断や思い込みをしがちな傾向にあります。

こういう時は、自分自身を責めてしまう傾向になりがちです。なぜなら頭の中がぐちゃぐちゃになっている状態で、あなたにとって負の方向の言葉ばかりが心に積み重なっていっている状態だからです。


心労状態は危険信号。第三者の意見を参考にしましょう。

思考能力が鈍っている時に、悩みを独りで抱え込んでしまう行為はよくありません。

一番は最も信頼できる人に包み隠さず、自分を恥じないで悩みを打ち明けて聞いてもらうことが重要だと思います。

悩みを聞いてもらうということは、自分自身が抱えている悩みを自分の言葉でしゃべります。

そうすることによって、ストレスの緩和や抱えている悩みを整理する効果もあります。

頭のモヤモヤが少し緩和されるはずです。

できれば、自分のことを本当に思ってくれそうな人をおすすめします。

この状態のときは、叱咤叱責をするタイプの人よりもちゃんと話を聞いてくれる人の方が有効的です。

怒られたり、励まされたりしても逆効果になる危険があります。

自分を客観視できる第三者からもらえる意見は、まったく違う角度の解決策を提示しくれるかもしれません。

相談できる人が見つからない場合は情報収集をしてみましょう。

冒頭にも申し上げましたが、世の中には同じような悩みを抱えて苦悩している人たちがたくさんいます。

その人の中には、インターネットの検索エンジンを活用して同じような悩みを抱えている人たちがどういう行動をとっているか調べる人がいます。

すると、自分が共感できる記事がたくさんヒットするはずです。

いま、あなたがこのサイトのこの記事に辿り着いているということはすでにその行為を行っているということではないでしょうか。

同じ悩みを抱えている人たちが沢山いると思えることは解決に向けての第一歩です。

独りじゃないと思えることが重要です。これだけでもずいぶん気が楽になりますね。

心労・うつ状態に陥ると、いま自分が置かれている環境にだけ囚われて「狭い世界の中」で自分を責めてしまう傾向にあります。

世の中には様々な環境・価値観がありますので、そういった面でも自分が置かれている環境から疑似的にでも一歩外に出てみるのもよいと思います。

ネガティブな感情を引き起こす原因は100%自分に責任があるとは思いません。

もちろん原因は100%自分にないとも言えませんが、これ以上に自分を責めないでください。

客観的に・正当に・無理なく今の自分と向き合うことが重要なのです。

心療内科・カウンセラーを利用してみる。

カウンセラー有資格者は、あなたが抱えている心の問題をちゃんと向き合って聞いてくれて、そして共感してくれるはずです。

カウンセラーはあなたにとって強い味方になります。そして今のあなたにできることを客観的な視点でアドバイスをしてくれるはずです。

カウンセラーはうつ・診療状態に陥っている人を責めたりしません。なぜなら、100%すべてあなたが悪いわけではないからです。

自分を客観視することは自分ではなかなかできませんよね。そんな時はインターネットや人、そして専門機関に頼ってみるのも問題解決の糸口になるかもしれません。

心の環境を変えることが、負の状況から脱出できる第一歩になるのだと私は思います。

 

 - うつの悩み, しごとの悩み, 人生の悩み, 孤独な悩み