『育児ノイローゼ』育児に疲れてしまった人へ。自分を嫌いにならないでください・・・・

      2017/05/11

Pocket

kabin

たとえ、あなたの周囲に理解が得られなかったとしても、育児に頑張ってない人なんかいない。

このページに訪れるのであれば、それはなおさら。

真面目な性格であればあるほど、育児に対して深く悩んで葛藤しまうはず。

だから、育児に頑張ってない人なんかいない。

妊婦のときから、今まであなたがやってきたことを、あなた自身がちゃんと見つめてあげれば、それは疑う余地もない事実なのだから。

ただ、乳児とは会話もできない。だから孤独。思った通りのこともしてくれない。想いも伝わらない。イレギュラーばかりだから、あなたを心の底から休ませてはくれない・・・

そんな平行線の様な毎日が続いてしまうから、疲れちゃいます。疲れちゃうから自己嫌悪に陥っちゃいます。

子供にあたってしまうことも、悲しみの粒が心一杯たまってしまう時だってあるかもしれません。

だけど、自分を嫌いにならないでください。

育児と真面目に向き合えば向き合うほど、それは大変で、周囲にも伝わりにくい。場合によっては悪く伝わってしまうこともあるかもしれない。

本当のあなたは、子供を守ろうと、育てようとしているはず。

育児と向き合っているあなたが一番大変なのは紛れもない事実なのだから。

そんな自分を認めてあげないと赤ちゃんも元気に育たない。

心と身体が反対方向に向くような頑張り方をし続けてしまうと自分がダメになっちゃう。

育児中はホルモンのバランスが崩れやすいから情緒不安定になってしまうのはしょうがない。

少しだけでも自分中心になっても良いのではと思います。

だって、あなたが元気じゃないと赤ちゃんも元気に育たないのだから。

顔を上げて、周りを見渡せばどこかに救いがあるはず。

辛さを人に吐き出すだけでもその気持ちは和らぐはずだから。周囲に話を聞いてくれる人がいるのであれば、打ち明けてください。

それは、恥ずかしいことではないから。今、一番大変なのはあなたなのだから・・・

少なくとも、同じ世代の同じ悩みを持つ人たちには大きな共感を得られるはずだから・・・

悩んで葛藤しているあなたは、育児に真剣なのだから。

 

 - 育児の悩み